美香先生(笑顔)

足の臭いに悩んでいる方は、意外と女性でも多いものです。特に女性の場合、飲み会での座敷や彼氏の家にお邪魔するときなどに、足の臭いが気になって気が気でないなんていう経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそのような方に向けて、足の臭いの原因とその対策法についてご紹介します。

足が臭くなってしまう原因とは!?


足が臭くなってしまう主な原因は、次の通りです。

一つは足の汗腺の影響です。特に足の臭いを酷くするのは、腋臭(ワキガ)の原因と同じようにアポクリン汗腺の影響です。

アポクリン汗腺は、特有の臭いを発生させる汗腺で、腋臭(ワキガ)体質の方は、このアポクリン汗腺が生まれつき発達しています。もともとのアポクリン汗腺の数によって腋臭(ワキガ)体質の有無が決まります。

汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の2つの汗腺があります。この2つの汗腺から汗が発生するのですが、そのうちでアポクリン汗腺の汗が、足の臭いに関係しています。

アポクリン汗腺は、体の一部のみに存在していて、脇、陰部などにあります。アポクリン汗腺には、体内で分解されなかった脂肪やアンモニア、乳酸などがたくさん含まれているので、これが悪臭の元となります。

そのため、これらの成分が皮膚の雑菌と合成すると、臭いの元となる成分を発生させるのです。

一方で、エクリン汗腺の汗は、ほとんどの成分が水なので、臭いはなく、すぐに蒸発します。そのため、足の臭いの原因になりにくいです。

足はこのエクリン汗腺が多い部位です。しかし、本来は臭いのないはずのエクリン汗腺からの汗が、足の臭いを発生させるのは次のような理由があります。

二つ目は、足の裏の雑菌が影響を及ぼします。

足の裏の皮膚は厚く、表面の皮膚が乾燥などで剥がれ落ちやすいです。このような古い角質が皮膚にたまると雑菌を繁殖につながります。

そして足の裏の皮脂腺は、皮脂を分泌するので、これも汗と合成しやすくなります。さらに、足には特有の菌が増殖します。それは白癬菌です。

白癬菌は、足の裏の湿度が上がるとますます増殖して、活性化します。これが角質層へと広がって水虫となるわけです。

このように足の臭いは水虫の菌である白癬菌が影響しています。また一般的には、バクテリアも足には広がりやすいです。バクテリアは、温度や湿度にかかわらずどこでも増殖しますが、もちろん足の裏には不衛生になりやすいので増殖しやすい場所です。

三つ目は、精神的な要因もあります。例えばストレスや不安、緊張などが原因で足の臭いが発生することがあります。

これは精神性発汗といわれ、緊張や不安・ストレスなどの精神的な要因で、自律神経が乱れると、汗をかきやすくなります。

人前で話をしたり、面接など緊張する場面で、手や脇に汗をびっしょりかいた経験はないでしょうか。それが精神性発汗です。

手や脇の下ほどではありませんが、足も裏も同じように汗をかいています。また足の裏は比較的気が付きにくいので、汗をかいても自覚していないかもしれませんが足の裏にも精神性発汗で汗をかくことはあります。

さらに、食べ物の影響もあります。辛い物や熱いものを食べると汗をかきやすくなります。これは味覚性発汗と呼ばれます。

そしてスパイスの効いた食べ物や熱いもの以外には、脂肪や糖分の多い食事は、体内に老廃物が溜まりやすくなり、良い汗をかきにくくなり、かわりに悪い汗をかきやすくなります。

この悪い汗が曲者で、臭いがあって粘々しているので、足の臭いにもつながります。このようにさまざまな食事の影響で、汗が増えたり、臭いのある汗が発生することがあります。

そして女性に多いのがブーツや靴の影響です。特に冬場に増えるのがブーツのムレで足の悪臭を招くことがあります。厚手のブーツは靴内の湿度があがり、汗をかきやすくなります。

さらに靴に付着した汗と足の菌が合成して臭いを発生させることがあります。発生した臭いはブーツや靴に付着して、悪臭が深くしみついてしまいます。

足臭の対策方法!今日から始められるケア方法徹底まとめ

自宅でできる足の臭いの対策として、次のような方法があります。足の臭いを改善するには、足そのものの臭いに対策することが大切です。

一つ目は、足の消臭を行うために、しっかりと洗浄することです。

これまで足の洗浄をあまり丁寧に行っていなかった方は、まずは足の洗浄を見直すことが重要です。入浴時に、まずは足に水分を与え、しっかりと吸収して皮膚の角質を柔らかくします。

5分程度足の裏の皮膚に水分を浸透させてから、洗浄を行っていきます。皮膚が柔らかくなると、古い角質が剥がれ落ち、汚れも一緒に洗い落とされます。

洗浄は、表面の凸凹した荒いスポンジなどを使うと足の皮膚を傷つけたり、刺激を与えますので、柔らかいスポンジや手でマッサージしながら洗うのがポイントです。

ボディーソープは保湿成分が含まれているものや、抗菌作用のあるもの、消臭効果のあるものを活用しましょう。

また爪や指と指の間などに菌が付着しやすいので、細かな部分までしっかりと洗いましょう。

最後にタオルでしっかりと水分をふき取り、よく乾燥させます。そして、清潔なタオルを使い、しっかりと乾燥するまでは靴下、スリッパなどは履かないようにしましょう。さらにオイルマッサージなどをすればより高い効果が得られます。

もう一つは、ミョウバン水での足の洗浄や消臭です。

ミョウバン水には、消臭、殺菌効果があるので、足の臭い消しには最適です。洗浄だけなく、消臭スプレーなども活用できます。

足のアンモニア臭の消臭にも効果があり殺菌効果もあるので、ミョウバン水は足の洗浄や消臭スプレーなどとして活用できます。

ミョウバン水については、次の記事でより詳しく解説しているので併せてご覧ください。

参考:ミョウバン水で腋臭ケア【ミョウバン水の作り方と使い方】

そして足の消臭以外には、靴を消臭することも重要です。靴の消臭には、一つは靴をあまり連続してはかないことです。毎日同じ靴を履いていると、臭いがさらに酷くなります。

靴は、殺菌、消臭剤などを使ってしばらく休ませるようにしておくのが良いでしょう。靴は使用後のケアが必要なので、自宅に帰ったら、専用の吸湿剤などで靴の汗を吸い取りましょう。

そして十分に乾燥させて、消臭や抗菌剤なども行いましょう。このように使用後の靴のケアが足の臭いの防止には大切です。

そして、もう一つは重曹などのシューズキーパーも活用できます。

重曹は、炭酸水素ナトリウムですが、吸湿効果が高く、消臭効果もあるので靴の保存に有効です。天然素材なので、健康面でも安心感があり、皮膚の弱い方などでも安心して使用できます。また、それ以外には市販の消臭スプレーなどもご活用ください。

また、最も即効性のある雑菌対策としては、デオドラント商品を活用することです。

足の消臭は、実は体の他の部位と同じように、菌の増殖が原因となっていることはお分かりいただけたでしょう。そのため、他の部位の汗対策で使われているデオドラント商品を活用することができます。

なかでもお勧めは、クリアネオです。クリアネオは、臭いの元となる菌を99%も殺菌できる強力な殺菌効果があります。

さらに、汗を抑える効果や消臭効果もあるので、足の雑菌を抑え、汗も抑えることができます。クリアネオなら無添加、無香料、無着色料で、体に有害と思われる化学薬品が一切含まれていません。このような商品を上手に活用して、しっかり足の臭い対策をしていきましょう。