脇脱毛をすると、脇汗や臭いが酷くなる…という口コミを見かけますが、脱毛が原因でワキガになることはありません!

ワキガは、アポクリン汗腺と呼ばれる汗が分泌する器官が原因であり、その存在の有無は遺伝によって決まっています。
つまり、脱毛したからといって突然ワキガになってしまうことはないので安心してください。

ただし、脱毛によって汗腺(汗が分泌される部位)が活発になることで、多汗や臭いが気になることは珍しくありません。

今回は、脱毛と脇汗や腋臭(ワキガ)の関係についてお話します。

脱毛後に脇汗・においが気になる原因とは?

脇脱毛後に脇汗や腋臭(ワキガ)が酷くなると感じるには次のようなことが関係しています。

気にしすぎ

意外かもしれませんが、脱毛によって脇に意識がいってしまうことで、普段と同じ量の汗でも多く感じたりすることがあります。
臭いも同じで、これまでと変わっていないのに、強くなったように感じることも珍しくありません。

基本的には、脱毛で脇汗やワキガが起こることはありません。

しかし、脱毛をして脇のムダ毛が少なくなると、脇の汗をこれまでより感じやすくなります。
ムダ毛で直接肌に感じることが無かった汗の感触を直接感じやすくなるためです。

そしてムダ毛が無くなった分、汗が流れ落ちやすくなります。
そのため汗が増えたように感じることがあります。

もう一つは、脱毛をして汗が増えたかもしれないと不安に感じることが、ますます汗を増やしていることもあります。これは精神性発汗の一つです。

精神性発汗については、こちらの記事で詳しくまとめているので参考にしてみて下さい。

参考:ストレスが原因で脇汗のニオイが酷くなる ?精神性多汗症・ワキガの恐れも…

またこのような汗は腋臭(ワキガ)の原因となるエクリン汗腺から出る汗ではないので、腋臭(ワキガ)を発生させることはありません。

もともと腋臭(ワキガ)体質でない方は、脱毛をしたからといって急に腋臭(ワキガ)が発生することはありませんので安心して下さいね。

汗腺の活動が活発になる

脱毛そのものが原因になることはありませんが、もともとも腋臭(ワキガ)体質だった方が、何かをきっかにして腋臭(ワキガ)がひどくなることはあります。

成長やホルモンの関係でこれまで活動していなかったアポクリン汗腺が活性化され、腋臭(ワキガ)が酷くなるとも考えられています。

脇脱毛が関係しているという医学的なデータや結果はこれまで明らかにされていませんが、脇脱毛で脇の下の汗腺を刺激することでアポクリン腺が活性化されることはないとは言い切れません。

その場合、脇脱毛が原因で脇汗が出たり、腋臭(ワキガ)体質になったというよりは、もともと腋臭(ワキガ)体質であったことが原因ですのでこれまでご紹介したチェックリストなどで腋臭(ワキガ)体質かを確かめてみましょう。

ワキガの判断方法

腋臭(ワキガ)かどうかを判断するには、次の記事で5つの方法をご紹介しています。

耳垢の湿り具合や粘着度、衣類や下着についた腋汗の黄ばみ、腋毛の量・濃さ、両親あるいはどちらか一方が腋臭(ワキガ)があるか、多汗症があるかなどでした。

これらがあれば腋臭(ワキガ)である可能性が高いということでした(詳しくは下記記事をご参照下さい)。

参考:腋臭(ワキガ)を判断・チェックする5つの方法【脇汗のニオイが気になったら確認してみましょう】

そして、さらに次の項目が当てはまると重度の腋臭体質の可能性があります。

耳垢に粘り気があり茶色い、密室の場所で臭いが充満する、お風呂あがりでも腋に臭いがある、洗濯物の臭いが他の衣類にまで移りとれない、長い間残り香があるなどです。

これらの重度の症状があれば皮膚科診断が良いでしょう。

脱毛後の脇汗・におい対処法

脱毛後にもし脇汗や腋臭(ワキガ)が酷くなったと感じるなら、次のような対処方法があります。

  1. ワキガ対策クリームの活用
  2. 塩化アルミニウム含有の制汗剤を使う
  3. 腋臭(ワキガ)を気にしない

【臭い対策】脇臭クリームを使う

腋臭クリームの最大のメリットは、殺菌効果が高いことです。
他の腋臭(ワキガ)対策商品、例えばスプレーやロールタイプと比べて効果が高いのがクリームタイプです。

特に殺菌作用が高い商品が多くなっています。

腋臭(ワキガ)は、アポクリン腺から分泌された汗に皮脂が混ざり、これを皮膚上の常在菌が分解することで発生します。
そのため、臭いの元となる菌の発生を防ぐことで、ワキガ臭が生じにくくなります。

また、殺菌効果と同時に制汗効果も高いものもが多いです。
腋臭(ワキガ)の原因となるのはアポクリン汗腺から出る汗です。
それが皮膚の常在菌に分解され、エクリン腺の汗で拡散され腋臭(ワキガ)は悪化します。

このように発汗を抑えることで、腋臭(ワキガ)が酷くなることを同時に抑えることができます。

腋臭(ワキガ)クリームは汗を出にくくして、菌の増殖を防ぐことができるので、Wの効果で脇汗と腋臭(ワキガ)に対策します。
そして、発生してしまった悪臭は消臭効果が発揮されます。

このように、汗を抑え、菌の増殖を招き、臭いを抑えるというトリプルの作用でしっかり脇汗と腋臭(ワキガ)に対策できます。

他の腋臭(ワキガ)対策商品より持続時間が長いのも特徴で、朝つければ1日中効果が持続します。
多くの商品は、無添加、天然成分配合で肌に優しくなっています。
敏感肌やお肌の弱い方でも安心して使うことができます。

最近では、お子様でも使える商品も多いので、親子で腋臭(ワキガ)対策もいいですね。
年齢や性別を問わずに使える腋臭(ワキガ)クリームが多いので、家族で使われている方も増えています。

おすすめのワキガ対策クリームについては、次のページで詳しくまとめているので是非、参考にしてみてください。
参考:ワキガ対策クリームおすすめランキング

【脇汗対策】塩化アルミニウム含有の制汗剤を使う

脇汗の臭いの原因を抑える成分として人気なのが、「塩化アルミニウム」です。

塩化アルミニウムは、汗腺から出る汗と反応して水酸化塩化アルミニウムを形成します。そして汗腺を塞ぎ、汗が流れるのを防ぎます。

最近では病院などでも多汗症や腋臭(ワキガ)の治療に用いられます。
とても効果の強い成分なので、重度の多汗症や腋臭(ワキガ)のある方にも適しています。

塩化アルミニウムには、強い殺菌効果もあるので腋臭(ワキガ)の原因となる肌の在住菌の増殖を防ぎます。

脱毛後に脇汗や腋臭(ワキガ)が酷くなったと感じるなら、塩化アルミニウム入りの対策商品がおすすめ。
しっかり脇汗を止めて、腋臭(ワキガ)に繋がことを予防します。

私がこれまで使った中では、「デトランスα」と呼ばれる海外ブランドのデオドラントが一番実感できました。

汗を抑える成分「塩化アルミニウム」の含有量が高いので、他の商品よりもピタッと抑えてくれます。
肌が弱い方向けの敏感肌用もラインナップされているので、まずは試してみることをお勧めします。

参考:デトランスαを実際に使った感想

気にしない

もう一つの対処法は、脱毛後にあまり脇汗や腋臭(ワキガ)を気にしすぎないことです。

一般的に、脱毛は脇汗を増やしたり、腋臭(ワキガ)を酷くるものではありません。
一時的に脇汗が増えたと感じても、それは腋臭(ワキガ)に繋がる悪い汗の発生ではありません。

たとえ良い汗が増えたとしても、それはむしろ腋臭(ワキガ)にとっては良い効果があります。
腋臭(ワキガ)の原因となるベタベタ汗を減らすことにもなります。

脱毛後に、“脇汗が増えてしまったかもしれない”、“腋臭(ワキガ)が酷くなったらどうしよう”と不安になることや、心配しすぎるとますます脇汗が増えるので、できるだけ気にしないことが大切です。

まとめ

今回お伝えした通り、腋脱毛をしたことにより、突然腋臭(ワキガ)体質になる…ということはありません。

しかし、脇脱毛することでもともとあったワキガ臭がより気になるようになったり、以前は気にしていなかった汗や臭いが気になることは珍しくありません。

そのため、脇脱毛後に汗や臭いが気になるようになったらできるだけ早めにケアをした方が、精神的にもかなり楽になります。

今回ご紹介したで腋臭(ワキガ)用のデオドラント商品による対策は最も簡単にできる腋臭対策の一つです。

「自分が腋臭(ワキガ)かどうか気になる…」という方は、医療機関でも採用されている次の5つの方補法で腋臭体質かどうか判断してみましょう。

単に気にしすぎているだけ、ということもあるので、まずは腋臭体質かどうか判断してからケア方法について見ていきましょう。