ワキガはデリケートな問題なだけに周りの人に確かめることができない、自分では分かりにくいことが悩みの種です。
そのため、自分にワキガがあるかを判断するのはなかなか難しいです。

実際に、自分はワキガかもしれないと一人で悩んでいる方も多いです。
そして他人のワキガに比べて自分のワキガ臭は気がつきにくのも事実です。

今回はこのように自分ではなかなか確かめにくいワキガについて、それを判断する方法や、ワキガになりやすい体質などの方法をお話しします。

ワキガを判断する5つの方法

基本的には、ワキガを判断するには、次の5つを確認する方法があります。
これらがワキガ体質の目安となります。

わきがチェックする方法

  • 耳垢の湿り具合や粘着度
  • 衣類や下着についた腋汗の黄ばみ
  • 腋毛の量・濃さ
  • 両親あるいはどちらか一方が腋臭(ワキガ)があるか
  • 多汗症

耳垢がキャラメル・飴状

耳垢の湿り具合で腋臭体質か判断する
耳垢は、ワキガ体質かどうかを知るには最も良い方法です。
なぜなら、耳垢が湿っているということは、耳の外耳道にあるアポクリン汗腺が発達していることを示すからです。

耳のアポクリン汗腺が発達している方は、腋のアポクリン汗腺も同様に発達しています。
耳の中のアポクリン腺の数は、腋の下のアポクリン腺の数よりは少ないのが一般的です。

腋よりアポクリン腺が少ない耳の中が蒸れているということは、腋の下にはそれよりもたくさんアポクリン腺があることの証です。

耳垢の状態には、次のような違いがあります。

  • 耳垢が乾燥していてパサパサ・粉状…アポクリン腺は少ないです。このタイプの方は、腋臭(ワキガ)タイプではありません
  • やや湿り気がある固まりのような耳垢…軽度の腋臭(ワキガ)タイプです。このタイプの方は弱い腋臭(ワキガ)があります。
  • 耳垢が粘着質雨耳でネバネバあるいはドロドロしている(アメ耳)強度に腋臭(ワキガ)体質です。特に強い腋臭(ワキガ)になりやすいので要注意です。

わきが体質の軽度・中度・強度の基準については、鼻を近づけて臭う程度なら軽度、普通にしていても臭いが感じられる程度なら中度、離れた場所でも臭いがするほどなら強度の腋臭(ワキガ)です。

脇の部分が黄ばむ

脇汗の黄ばみで腋臭体質か判断する
下着や衣類の腋の部分の黄ばみも、ワキガを判断する基準となります。

下着やシャツに黄色いシミができている方は、ワキガの恐れがあります。
主なワキガの原因となるアポクリン汗腺からの汗は、鉄分やリポフスチンなどの色素成分を含んでいるからです。

アポクリン腺からでる汗は、脂質や脂肪酸、たんぱく質、糖質、ステロイドなどさまざまな成分が含まれていますが、その中の一つがリポフスチンという色素成分です。
ワキガの程度が強くなると、この色素成分も多く分泌されます。

そのため下着や衣類の黄ばみも濃くなります。

鉄は、通常のアポクリン汗腺の汗に小粒の黒褐色の粒が混じっています。
これが含まれていれば強度のワキガがある可能性があります。

また、クロム多汗症、色汗症と呼ばれる症状もあります。
このタイプの汗は、黄色以外にも、黒、赤、青、緑などの色素付いた汗で衣類が染まることがあります。

この症状はリポフスチンという物質が沈着することによって起こるものです。
ポフスチンはアポクリン腺から分泌されるのでアポクリン色汗症と呼ばれています。

美香先生(ばつ)

脇の黄ばみはデオドラント商品を使っていない状態で確認しましょう!

デオドランド用品に含まれている成分の影響で黄ばみができることもあります。

同じデオドラント剤でも、人によって黄ばみができる人とできない人があるので、それぞれの皮膚の状態や細菌の種類などにより反応の仕方が変わります。

脇の黄ばみで腋臭体質かどうか判断する場合は、デオドラント商品を付けていない状態で、脇に黄ばみができるかどうかを確認するようにしましょう。

また一般的な汗ジミは色が薄く、臭いがきつくありません。
しかしワキガの汗の黄ばみは色が濃く、独特の臭いがするのが特徴です。

黄ばみが他の部分では薄いのに、腋の下だけ濃いなどがあれば腋臭(ワキガ)の可能性が高いです。

腋毛が多い

腋毛の多さで腋臭体質か判断する
アポクリン汗腺は、毛穴と一緒に存在しています。
そのため毛穴が多いと腋毛が多いことになり、つまり腋毛が多い人はワキガである可能性が高いことになります。

ワキガには、もともとフェロモンの働きがあり、異性を引き付けるために臭いを拡散しやすいように毛穴と一緒にアポクリン汗腺が発達したためです。

女性の場合、一つの毛穴から2~3本生えていることが多く、毛が太いです。
一方で男性は、比較的細めで猫の毛のように柔らかい毛であることが多いです。

特に男性に多いのが腋の下に付着する白い粉です。
アポクリン汗腺の結晶と呼ばれ、これがあればワキガである可能性がかなり高いです。

もともとのワキガ体質に加えて、ワキガそのものが臭いを強め、臭いを拡散させる働きがあります。
腋毛は、臭いを閉じ込めて臭いを強めます。
夏場など腋の下は腋毛があることで、高温多湿になりやすいです。

腋の下は菌の温床となります。
また毛にはその悪臭を遠くまで飛ばす働きもあります。

そのため腋毛をそのまま放置しておくことは、腋臭(ワキガ)を酷くする原因ともなります。

親がワキガ

親や祖父母が腋臭体質かどうか
ワキガはかなり高い割合で遺伝の影響を受けます。

ワキガ体質は優性遺伝するので、両親がワキガであれば、その子は80%はワキガになると言われています。
もし片方がワキガであれば50%とも言われ、両親あるいはどちらかがワキガであるかどうかはかなり明確な判断の基準となります。

逆に両親がワキガでないのにその子がワキガになる可能性は低いです。

しかし両親共にワキガでないからと言って必ずしもワキガでないとは限りません。

例えば両親がワキガが軽度で気が付いていない場合、食べ物などの影響で押さえられている場合などがあり、自覚していないこともあります。

そして両親がワキガでなかったとしても祖父母から隔世遺伝するケースもあるのです。

参考:ワキガ体質は親から子供へ遺伝する!?

脇の多汗

脇脱毛後から脇汗・腋臭が気になる女性
汗かきの人や多汗症の人は、ワキガ臭を酷くしやすいです。

ワキガ体質の人は、常時腋の下が湿っていて多湿になりやすいです。

アポクリン汗腺から分泌される汗は、粘り気があり粘着質などで、ベタベタと腋の下にまとわりつきます。
このような多汗症は精神的ストレスが引き金となるとも多いです。

精神的な緊張状態が継続して、常にエクリン腺が働いていると次第に普段でも汗が止まらなくなって、常時汗をかいている、多汗症へと繋がります。

そして、体質でエクリン汗腺が成長しすぎて多汗症となるケースです。
このように体質による持続的な多汗症と、緊張による多汗症があります。

多汗症はエクリンの汗により起こりますが、ワキガがある方がこの状態になると、エクリン汗腺の汗がワキガを広めることになるので、結局よりワキガを悪化させることとなります。

その他のワキガチェック方法

その他のわきがチェック法

  • ティッシュに脇汗を吸わせる
  • 病院で検査する

ティッシュに脇汗を吸わせる

ティッシュやコットンなどを脇に挟んで数十分程度放置することで、脇の臭いや汗を染み込ませることが出来ます。
それを自分で嗅ぐことで、ワキガかどうかを判断することもできます。

ワキガ臭は、「腐乱臭」「鉛筆削り」「酸っぱい」などといわれることが多いです。
個人差があるため、どのような臭いがワキガということを100%断定することは出来ないですが、判断基準の一つとなるでしょう。

関連記事:わきがの臭いはどんなニオイ?

病院で検査する

一部の美容外科では、ワキガの外科手術などを行っている病院・クリニックも増えてきています。
そういった病院では、ワキガかどうかを検査してもらうこともできます。

ただし、口コミなどを見てみると、上記で紹介した自己判断の域を出ない判断方法をとる病院もあるようです。

将来的に、ワキガの外科治療なども検討している場合は、病院で検査してみるのも一つの方法です。

ワキガを判断する方法まとめ

美香先生(こちら)

ワキガ体質かどうかを判断するためには、今回ご紹介した5つの項目をチェックしてみることでおおよそわかります。

これらの方法は、実際に医療機関などでもわきが体質の判断方法として採用されているので、わきが体質かどうかの確認方法として利用できます。

もしこれらのいくつかの基準が当てはまればワキガを疑ってみるのが良いかもしれません。

また普段はワキガがあまり気にならない方や自分はワキガではないと思っている方も、もしかすると自分は気が付いていないだけで隠れワキガの可能性もあります。
一度これらの基準をチェックしてみると良いですね。

もしワキガ体質だったとしても、諦めることはありません。

軽度から中程度のワキガ臭の場合、正しいケアを行うことで気になる臭いをケアすることも可能です。

このサイトでは、ワキガケアに関する情報をたくさん掲載しているので、それらも併せて参考にしてみてくださいね。

日常生活でできる体臭ケアについては、次のページでより詳しくまとめているので読んでみてください。

参考:わきがの臭い対策方法まとめ