美香先生(笑顔)

汗に関する噂はさまざまありますが、太っていると汗をかきやすいなんていう話もよく聞きます。

また実際に太っている方は、普通の方が汗をかいていないのに汗が噴き出しているなんていう光景もよく見かけます。

脇汗も他ではありません。そして太っている方は汗の臭いが酷くなるとも言われています。

今回は、“太っていると汗をかきやすい”という噂の真偽とその理由、そして汗の臭いや対策方法についてお話します。他人事ではないという方は、是非参考にしてみて下さい。

太っていると汗をかきやすいのはなぜ?その理由とは


太っている方が汗をかきやすいのにはいくつかの理由があります。

一つは皮下脂肪が多いことです。

太っている人は、皮下脂肪の量が多く、体の中に熱を溜め込みやすくなります。その熱を下げるために出るのが汗です。体温調節のために通常の方よりも汗をかきやすくなります。

二つ目は運動不足です。太っている方は運動不足が肥満の原因となっていることや、あるいは太っているために運動が嫌いになることもあります。運動をして良い汗をたくさんかくことは、多汗症を防ぐにはとても重要なことです。

良い汗をたくさんかくことは体温調整を正常化し、急激な汗の発汗を防ぎます。運動不足により良い汗をかく習慣が無くなると新陳代謝が悪くなり、悪い汗をたくさんかく習慣ができてしまいます。

つまり他の人が汗をかいていないのに、たくさん汗をかくのはこのためです。

三つ目は食べ物の影響です。太っている方は、肉類など脂肪分が多い食事やアルコールなどを好むことが多いです。

また食事習慣の乱れや不規則な生活も汗を増やす要因となります。偏食や香辛料をたくさん使った料理も多汗の要因となります。

そして四つ目は、冷え性やむくみです。太っている方は水分の摂り過ぎであることが多いです。このタイプの方は、冷え性やむくみの症状が同時にある場合は多く、体内に水分を溜め込みやすいです。

溜まった水分は体を冷安働きがあるので、下がった体温を温めるために汗がたくさん出るという仕組みです。太っている方はこのようにいくつもの汗をかきやすい条件が伴います。

太っている・肥満の人の汗が臭い理由とは

太っている方は汗の臭いがきつくなることがあります。特に肥満の方の汗が臭い原因には次のようなものがあります。

  • 「解糖系」という方法でエネルギーを得てしまい、その代謝として汗の中に乳酸菌が増加するため
  • 肝機能が低下して遊離脂肪酸の代謝が阻害され、より血中の濃度が高くなる。同時に、ケトン体という臭いの強い物質が多く生産され、呼気や汗の中に出てくるため。

それ以外にもいくつかの原因があります。先ほどお話しましたように、太っている方は良い汗をかきにくく、悪い汗をかきやすいことがあります。

運動不足で良い汗をかく習慣がなくなると、腋臭の原因となるアポクリン汗腺が活性化され、腋臭(ワキガ)や体臭の元となる臭いのある汗が増えてしまします。

そして皮膚の常在菌と合成して、体臭や腋臭(ワキガ)が発生します。また食事による要因もあります。太っている方は、食事の量が多く、脂肪分の摂取が多いです。

そのため汗にこれらの成分が老廃物として混じると、悪臭のある汗が出やすくなります。腋臭(ワキガ)や体臭はこれにより引き起こされます。そして衛生上の理由もあります。

太っている方は皮下脂肪が多いため、体内に熱を溜みやすいです。そして体表面が広いので、熱の放出が増えて汗が増えるので、衣類、寝具などに汗が付着して黴菌が繁殖しやすくなります。これらを放置すると悪臭に繋がります。

太っている・肥満の人の汗を対策する3つの方法

太っている方の汗対策には次のようなものがあります。

  • ダイエットをする(内臓脂肪が多いと臭い汗の原因になる)
  • 生活習慣の見直し
  • 強力な作用のある制汗剤を使う

肥満の人の汗対策1:ダイエットをする

一つ目はダイエットをすることです。まずは適度な運動が大切です。多汗症や悪い汗をたくさんかくのは、運動不足や皮下脂肪の増えすぎが影響します。

このような環境を改善することが汗対策には重要です。まず良い汗をたくさんかくことで、脂肪が燃えやすく太りにくい体をつくります。

これにより、体臭や腋臭(ワキガ)の原因となる悪い汗が減少します。そして皮下脂肪が減少すると、体温調整のための汗の量も自然に減少するので、汗をかきにくい体になります。

参考:脇汗対策にお勧めの運動についての記事を読む

肥満の人の汗対策2:生活習慣の見直し

不規則な生活もまた汗を増やす要因となります。偏食、睡眠不足、運動不足などはすべて悪い汗を増やします。

多汗や汗の臭いの原因ともなる脂っぽい食事や甘いものなどの摂り過ぎを止めて、バランスの良い食事をとることが大切です。

また、睡眠不足やストレスも要注意です。特にストレスは副交感神経を活発にし、悪い汗が出やすくなります。

そのためストレスをためないようにすることも重要です。自律神経のバランスを保つため、リラックスできる時間を持つことも重要です。趣味をもったり、軽い運動をしたりストレス解消を心がけましょう。

参考:ストレスと脇汗の臭いの関係についての記事を読む

肥満の人の汗対策3:強力な作用のある制汗剤を使う

上記の「ダイエット」「生活習慣の見直し」は、効果が期待できる一方で、時間がかかってしまうという欠点があります。

そこで、すぐにでも効果を期待する場合にお勧めなのが、「制汗剤を活用する」ことです。特に太り気味のような臭いのきつい方は強力な制汗作用のある制汗剤がお勧めです。

制汗作用の高い成分としては、塩化アルミニウムを配合した商品がお勧めです。

塩化アルミニウムは、汗の出る汗腺を変性させて汗を抑える働きがあります。とても強い制汗力があるので、太った方の強力な多汗や臭いにも有効に働きます。

汗腺内の水分と反応して水酸化アルミニウムを生成し、皮膚のケラチンと反応して角栓となります。そしてしっかり汗腺を塞いで、汗を元から抑えます。

塩化アルミニウムが配合されたデオドラント商品なら汗の臭いの元となるアポクリン汗腺の汗も抑えることができます。成分表示で塩化アルミニウムがある商品を選びましょう。

臭いの発生には殺菌成分も有効です。殺菌作用がある成分を含んだデオドラント商品と併用して、汗の発汗と臭いの元をしっかりと断ち切りましょう。

殺菌作用が高いデオドラントクリームならしっかりと汗の菌を抑えることができます。このようなデオドラント商品の組み合わせた活用なら、強力な汗や臭いでも有効に対策することができます。

太っている人・肥満の人が汗をかきやすい理由と対策まとめ

美香先生(こちら)

太っている方は、いくつかの汗をかきやすい条件がありました。皮下脂肪が多いこと・運動不足のこと・食事が偏りがちなこと・冷え性など。

そしてこれらが汗の臭いにも繋がっています。太った方が汗をかきやすいというのはやはり本当だったわけです。

しかし今回ご紹介したいくつかの方法で対策すれば、軽減することが可能です。太った方は汗をかきやすい、汗の臭いが酷くなりやすいとしても、決して改善できないわけではありません。

適度な運動・生活習慣の改善・食事の見直し・ストレス解消・デオドラント商品の活用など簡単で手軽にできる方法ばかりです。毎日の生活の中で取り入れて、汗対策を積極的にしていきましょう。