美香先生(笑顔)

脇の臭いは夏だけではなく、冬場も気になってしまいますよね…。

人によっては季節にかかわらず1年中、ニオイに悩まされている方も多いはず。

冬の腋臭(ワキガ)は見落とされがちですが、意外と夏より酷くなることさえあるのです。

そこで今回は、冬の腋臭(ワキガ)の原因と対策についてお話します。

冬なのに脇の臭いが気になる原因とは


夏のように衣類を頻繁に取り換えたり、汗をすぐに拭き取ることも忘れがちで、気がつくと酷くなってしまうのが冬の腋臭(ワキガ)です。

冬の腋臭(ワキガ)が酷くなるのは、次のような理由のためです。

一つ目は、冬は厚着になり脇の下の湿度が高くなるからです。冬はたくさんの衣類を着こみます。素材は厚めの毛糸や化学繊維など、臭いが染み込みやすい素材や吸湿性が悪い素材が多いので、臭いが付きやすくなったり、脇に汗が貯まりやすくなります。

脇汗が付くのは、下着だけではありません。衣類全体に腋臭(ワキガ)が広がってコートやジャケット、セーターなどにも広がることもあります。

二つ目は、暖房が良く効いた部屋で過ごすため意外と体温が上がっているからです。長時間暖房の効いた部屋にいると、気がつくと汗ばんでいることも多いのではないでしょうか。

そして夏のように汗を度々拭いたり、衣類を交換したりする機会も少ないので、どんどん汗が貯まっていきます。そして長時間放置された汗は、皮膚の雑菌と合成し、臭いの元となる成分を発生させます。

三つ目は、シャワーやお風呂の回数が減るためです。夏は、汗をかくと頻繁にシャワーを浴びたり、朝シャワーを浴びる方も多いです。しかし冬場はだいたい1日1回の入浴で、どうしても汗が皮膚に長時間の残りがちです。

四つ目は、冬の衣類はお洗濯の頻度が少ないことです。ジャケットやコート、セーターなどは、日々洗濯するものではありません。ワンシーズン同じ衣類で過ごすことも多いので、蓄積された腋臭(ワキガ)の臭いはどんどん酷くなっていきます。

五つ目は、脇毛のムダ毛処理をしないことです。冬は夏のように脇毛処理をしない方が増えます。そうすると脇の下の湿度が高まり、脇の下の菌が繁殖しやすくなります。そして汗とそれらの菌が合成すると腋臭(ワキガ)が発生ます。

六つ目は、夏のように腋臭(ワキガ)対策を積極的にしないことです。デオドラント商品も夏は毎日使っているのだけど、冬はつい油断して、あまり使用しないという方も多いのではないでしょうか。

このような理由で冬場は意外と腋臭(ワキガ)が酷くなる季節なのです。

本来汗は臭わないのでケアをすれば臭いは防げる

汗には2種類の汗があります。腋臭(ワキガ)の元となるアポクリン汗腺の汗と、一般汗と言われ本来臭いがしないエクリン汗腺の汗です。

そのため、エクリン汗腺から出る汗であれば、ワキガ臭が発生することはありません!

もし冬場に衣類を着こんだり、暖房の良く効いた部屋ですごし汗をたくさんかいても、エクリン汗腺の汗であれば腋臭(ワキガ)が発生することはないので安心してくださいね。

腋臭体質の場合は汗自体に臭いがする

一方、冬場であっても腋臭(ワキガ)の元となるアポクリン汗腺からの汗は、温度や体の活動にかかわらず出てくるものです。

いくら寒い冬の温度で汗が少なくなっても、腋臭(ワキガ)が臭うということは十分あり得るのです。アポクリン汗腺の汗は、温度や活動量にあまり影響を受けません。

アポクリン汗腺がある人は、オールシーズン、季節に関係なく腋臭(ワキガ)に悩まされることになります。そのため、冬だからといって腋臭(ワキガ)が無くなることはないので、冬も夏と同じようにケアする必要があります。

もし、冬であまり汗をかいていないのに、脇の下の臭いが気になるという方は、腋臭(ワキガ)体質の可能性もあります。これまでにご紹介しました腋臭(ワキガ)体質チェックリストで一度確かめてみましょう

(参照:腋臭(ワキガ)を判断・チェックする5つの方法【脇汗のニオイが気になったら確認してみましょう】

冬に気になる脇の臭いを徹底対策する方法

それでは、このような冬の腋臭(ワキガ)はどのように対策していくべきでしょうか。

冬の脇の臭い対策方法1:汗をかいたらすぐにふき取る

一つ目は、汗をかいたらすぐに拭き取ることです。

冬は厚着をしているので、特に脇汗をすぐ拭き取るのが困難です。また汗取りシートや汗取りパットを活用することが便利ですが、ひんやりとした感じが嫌で、ついそのままにしてしまう方も多いです。

しかし、外出先などでもできるだけ頻繁に汗を拭き取って、汗が菌と合成しないようにしましょう。

冬の脇の臭い対策方法2:衣類を見直す

冬場の衣類は、セーターやニットなど腋臭(ワキガ)の臭いが染み込みやすい素材が多いです。羊毛などは臭いを溜め込んでしまいがちで、どんどん臭いが蓄積されていきます。

一方で、アクリルやポリエステルの化学繊維で作られたものは、吸湿性が悪いので、汗が脇に残って蒸発しないまま、脇の下の菌が増殖します。これらの菌と汗が合成すると、臭いの成分を発生させます。

このような冬の衣類の腋臭(ワキガ)対策としては、衣類の下に吸湿性の良いインナーなどを着て、汗を吸いとるようにすることです。

それらを頻繁に洗濯して、なるべくセーター、ニット、コートなどの洗濯ができない衣類に臭いが移らないようにしましょう。臭い移ったら、衣類用の消臭剤などを利用してなるべく早めに消臭、除菌をしましょう。

冬の脇の臭い対策方法3:制汗剤を使用する

そして冬場でも、制汗剤を忘れずに使用しましょう。

汗の量が少ないからと言って油断は禁物です。腋臭(ワキガ)体質の方は、汗の量は少なくてもアポクリン汗腺は活動しています。もしあまり汗を感じていなくても、オールシーズン制汗剤を使うのがお勧めです。

特に、腋臭(ワキガ)が酷い人は、“冬は汗をあまりかかないのに、腋臭(ワキガ)が治らない”と悩んでいる方が多いものです。そのような方こそ、冬も引き続き制汗剤を利用して下さい。

制汗剤には、汗を吸収する吸収剤と汗を抑える収れん剤が配合されています。毛穴をしっかりカバーして、汗を抑えてくれます。さらに細血管が収縮すると自然に汗が出にくい体質になります。

特に塩化アルミニウムが含まれた制汗剤が有効です。

冬の脇の臭い対策方法4:デオドラントクリームを使用する

あわせてデオドラントクリームも忘れずに使うと効果が上がります。

腋臭(ワキガ)用のデオドラントクリームクリームは、殺菌作用のあるイソプロピルエチルフェノールが含まれたものが有効です。

デオドラントクリームは、脇の下を殺菌し、菌の増殖を防ぎます。効果は1日中続くので、朝塗ればその日中継続します。

冬の季節でも、衣類を脱いで塗り直す必要がないので、寒い季節でも便利に活用できます。腋臭(ワキガ)のデオドラントクリームと制汗剤によるダブル対策で、冬の腋臭(ワキガ)もばっちり抑えることができます。

冬の気になる脇の臭いまとめ

美香先生(こちら)

このように冬場でも積極的に腋臭(ワキガ)対策を続けていくことが大切です。腋臭(ワキガ)が気になる方は、冬だからこそできるケアがあります。

冬でも油断せずにしっかりケアしていくことが腋臭(ワキガ)を抑える最も良い方法です。