美香先生(笑顔)

冬なのに全く脇汗が治まらないという方は意外と多いものです。冬に脇の下に汗びっしょり、冬でも汗が止まらないのにはそれなりの理由があります。

そこで今回は、冬なのに脇汗が出てしまう方に向けて、その理由と脇汗をストップさる方法についてお話します。

冬なのに脇汗がひどい原因とは


冬なのに汗をかいてしまうのにはいくつか理由があります。主に次のような原因が考えられます。

一つ目は運動不足です。

冬は特に活動量が減る季節です。外に出て体を動かくことが億劫になり、部屋の中に閉じこもりがちです。スポーツや運動もあまり気が進まない季節なので、普段は体を動かすことが好きな方でもつい室内で過ごすことが増えるのではないでしょうか。

実はこのような運動不足は、脇汗を酷くしてしまう原因となります。普段、あまり汗をかかないことが習慣化すると、汗をかきにくい体質になってしまいます。

そうすると、通常であれば汗と一緒に排出されるはずの体の老廃物が体内に溜まり、良い汗が減り、悪い汗をかきやすくなります。

悪い汗は、外気の温度や運動に関係なく、その以外の理由で発汗します。例えば、ストレスや緊張などの精神性発汗などがその一つです。

そして運動不足で定期的に汗がかけないぶん、少し運動しただけで多量に汗が噴き出したり、体の一部だけから汗をかくようになります。このように汗をかかない習慣は、汗腺の働きを不活発にし、汗腺が衰えることになります。

また、悪い汗は、ベトベトして臭いがあるので、脇汗の臭いの原因にもなります。

二つ目は、肥満体質です。

冬は脂肪を溜め込みやすく、肥満体質になりやすい季節です。冬の間にすっかり脂肪がついてしまったなんていう方も多いのではないでしょうか。

肥満体質の方は、体の温度調節機能である発汗が高まります。そのため、冬に脂肪を貯めこむと、これまでより発汗量が増えることになります。そして体内で分解しきれなかった脂肪は、汗に混じって老廃物として排出されます。これが悪臭の原因となります。

三つ目は、食生活の乱れです。冬は、体を動かさない上につい自宅でゴロゴロする習慣ができやすいです。そして食生活が乱れがちです。

冬にはクリスマスや忘年会、お正月などイベントが多いので、このような時期にはパーティーや食事会なども増えるのではないでしょうか。外に出掛けてついたくさん食べてしまうと、栄養のバランスが乱れます。

外食では、肉や油っぽいお料理が多いので、汗にとっては、さらに悪い食生活になりがちですます。これらの料理は、脇汗にとっては残念ながら悪い面が多く、体内に貯まった脂分は汗に混じって体外へ排出されます。

四つ目は、精神的な発汗です。冬は夏のように一般汗をかきにくいぶん、それ以外の汗が増えます。例えば精神的発汗としては、緊張や不安、ストレスなどがその要因となります。

突然、人前で話す機会や、不安な状況に陥った時に、冬なのにびっしょり脇汗をかいてしまった経験はありませんか?精神的発汗は、手や顔などからでることもあり、汗をかくことが恥ずかしくて、ますます発汗を促進してしまうこともあります。

五つ目は、更年期障害による発汗です。これも精神的発汗と同じように、冬は夏より一般汗が減るぶん、他の汗として出る汗が増える傾向にあります。

冬なのにカッと熱くなってホットフラッシュが起こることは多くの方が経験されています。更年期障害のホットフラッシュは、外気の温度や運動にかかわらず起きます。

そして普段汗をかかないので、一度汗が出ると止まらないなんていうことも多いです。そのため、一般的にホットフラッシュはは顏に多いのですが、脇の下にも汗をかくことがあります。

冬の気になる脇汗をストップさせる対策方法について

このように冬に汗をかいてしまう方は次のような対策方法があります。

冬のひどい脇汗を対策する方法1:デオドラントクリームを使用する

一つ目はデオドラントクリームを使用することです。

デオドラントクリームは、制汗と殺菌のダブルの効果があるので、臭いが強くなりがちな冬にお勧めです。また制汗成分は作用の弱いものが多いので、肌が弱い女性でも使いやすいのがメリットです。

腋臭(ワキガ)用のデオドラントクリームクリームは、殺菌作用のあるイソプロピルエチルフェノールが含まれたものが特に効果が高いです。デオドラントクリームは、脇の下を殺菌し、菌の増殖を防ぎます。

冬のひどい脇汗を対策する方法2:制汗剤

制汗剤は、デオドラントクリームよりもさらに高い効果いので、汗をしっかり抑制してくれます。デオドラントクリームで殺菌作用を発揮するには、まずは制汗剤でしっかりと汗を抑え、それから使うとさらに効果が高まります。

制汗剤には、汗を吸収する吸収剤と汗を抑える収れん剤が配合されているので、毛穴をしっかりカバーして、汗を抑えてくれます。

制汗剤のなかでも、塩化アルミニウムが含まれた制汗剤は特に効果が高いと言われています。

これらの2つの商品を組み合わせて使用することで、しっかり冬の脇汗対策が可能です。

冬のひどい脇汗を対策する方法3:緊張を和らげる

そして、もう一つは精神性発汗による多汗を和らげるための対策です。それには、まず、日ごろからリラックスすることや、ストレスをためないことが大切です。

精神性発汗を落ち着かせるためのリラックス方法1:ゆっくと入浴する

一つ目の方法は、ゆっくりとしたバスタイムです。特に冬の寒い時期は、お風呂でゆっくりと温まって、体の新陳代謝と高め良い汗をたくさんかくことが大切です。

お風呂で発汗効果を高めるには、ぬるめのお風呂での半身浴や、手足浴がお勧めです。アロマ風呂なども精神的なリラックス効果が高まります。リラックスすると副交感神経が優性になり、自然と良い汗がかきやすくなります。

良い汗がたくさん出るようになると、精神的発汗で出る多量の汗を少なくすることができます。

精神性発汗を落ち着かせるためのリラックス方法2:マッサージ

全身マッサージなども効果的です。

入浴後に体があたたっま状態でマッサージをするとリンパに溜まった老廃物が汗と一緒に出やすくなります。入浴前に行っても効果があり、貯まった老廃物が入浴中には排出されやすくなります。

筋肉を揉みほぐしてあげると、貯まった老廃物の循環がよくなり、体がすっきりと軽くなります。夜の入浴に合わせて行えば、精神的なリラックスも高まり睡眠にも良い効果があります。

精神性発汗を落ち着かせるためのリラックス方法3:ヨガやウォーキングなどの軽い運動

精神的なリラックスを得るには軽めの運動もよいとされています。ヨガであれば、ホットヨガやハードなヨガよりは常温ヨガがお勧めです。

ウォーキングもゆっくりと公園や自然の中を歩くようにして、競歩やスピード感のあるウォーキングではなく、ゆったりとしたウォーキングが望ましいです。

ここでは、運動としてというよりは、あくまでリラックス効果を狙ったものなので、あまり激しい運動よりは軽い運動を長時間続けるのが良い方法です。

冬なのに脇汗が酷い女性のケア方法まとめ

美香先生(こちら)

このように冬でも出来る簡単な脇汗対策法があります。冬だからこそしっかりと対策しておくことが、一年中脇汗が酷くならないようにするのにはとても大切です。

簡単にできる方法ばかりですので、早速冬の脇汗対策を始めましょう。

脇汗だけではなく脇汗の臭いも気になる場合、次の記事に冬の脇汗の臭いケアについてまとめているので併せてご覧ください。

>>> 冬に気になる脇の臭い(ワキガ臭)を徹底対策する方法