美香先生(笑顔)

脇汗に悩む方にとって、衣類選びは大切なポイントです。衣類選びを間違えると汗ジミが目立ちやすくなり、汗の臭いを溜め込んでしまう原因となります。

脇の下はただでさえ湿度が高く菌が発生しやすい場所です。不適当な衣類の選択がさらに状況を悪化させることになりかねません。

そこで今回は、脇汗やその臭いで悩んでいる方にむけ衣類選びのポイントをご紹介します。

脇汗・ワキガ臭が気になるなら”汗を蒸発”させる衣類選びがポイント


脇汗をかいてそのままでいると、汗が蒸発しないまま皮膚に付着して、汗ジミとなりやがて脇の下の雑菌と合成して腋臭(ワキガ)へと繋がります。

汗は一度かいてしまうと再び皮膚に吸収することはないので、衣類に付着してシミになるか、蒸発するかどちらかです。

そのため、汗を早く蒸発させ汗ジミにならないためは、適切な衣類選びが重要です。

また臭いの発生を抑えることもできます。逆に衣類選びを間違えると、汗が衣類に付着し、衣類や皮膚の菌と合成して臭いを発生させてしまいます。あるいは汗が衣類に付着せずに肌に留まると、雑菌を増殖させて臭いをより酷くします。

どちらかにしても、衣類が不適切だと脇汗にとっては悪い面があります。そのため、脇汗を早く蒸発させて、臭いを抑制するにはそれに適した衣類があります。

脇汗・ワキガ臭の原因になってしまう要注意繊維

脇汗や腋臭(ワキガ)を意識するなら素材選びが重要です。素材によって、汗の吸収や蒸発する効果が違うので、素材の種類には注意が必要です。例えば次のような素材があります。

ワキガ臭・体臭が気になるなら「ポリエステル」は避ける

一つ目はポリエステルです。以前にお話しましたようにポリエステルには、汗を吸収しにくい特徴があります。

ポリエステルの服と汗の関係についてはこちらの記事を併せてご覧ください

そのため、ポリエステルの衣類は肌に汗を留めてしまいます。脇の下は湿度が高いので、菌が増殖しやすく腋臭(ワキガ)を酷くすることがあります。

肌触りがよく、洗濯も簡単なので普段着用にはとても良い素材なのですが、腋臭(ワキガ)体質の方はあまりお勧めできません。

ポリエステル以外でもアクリル・ナイロン・レーヨン・ポリウレタンなどの化学繊維は同じような特質があります。化学繊維は、人口の石油から作られた繊維で出来た衣類なので、汗の吸い取りがあまりよくありません。

これらの化学繊維の衣類は、汗など水分を吸収しにくく、通気性が悪いので臭いが皮膚にこもりがちです。

最近ではこのような素材を使った吸水や速乾の良い衣類も発売されていますが、汗の水分は蒸発しても臭いの物質は繊維に付着したままですので、腋臭(ワキガ)体質の方にはやはり不向きです。

それからもう一つの理由は、洗濯をしても汗の成分が取れにくいこともあります。化成繊維素材の衣類は、繊維の奥にまで脂質が染み込みやすいので、洗ってもなかなか落としきることができません。

特に下着やスポーツウェアなどは脂質汚れが付着しやすく、それらを再び着た時に、また汗や臭いの成分と混じって、汗ジミや臭いが助長されることもあります。

脇の下は雑菌の温床です。脂質汚れを分解するときに腋臭(ワキガ)の臭いの元が発生します。洗濯で落としきれなかった皮質汚れや臭いの成分が腋臭(ワキガ)をさらに悪化させていきます。

脇汗・汗ジミが気になるなら「綿」は避ける

二つ目は綿です。綿は親水性が高いため速乾性が悪く、衣類事態に汗が貯留してしまいやすいです。そのため、綿の衣類は脇汗のシミになりやすく、汗の臭いが発生しやすくなります。

吸水性が良く、着やすい素材なので、お子様からお年寄りまで幅広い年代の方に人気のある素材ですが、腋臭(ワキガ)体質の方にとってはあまりお勧めできません。

しかし汗の吸水という面では良い面もあります。もし頻繁に衣類を取り換えることができれば向いていることもあります。

例えば、赤ちゃんやお子さまなどで、汗かきだから衣類や寝具を頻繁に取り換えたいという場合は綿は活用できるでしょう。

肌触りも優しく寝具や枕カバーなどとしても気持ちよく使えます。毎日取り換えて清潔に保ちましょう。

脇汗・ワキガ臭を対策するには「デオドラントケアの衣類」を選ぶ

脇汗や脇汗を目立なくするには、インナーやシャツの選び方も大切です。

インナーやシャツの素材によっては、汗の吸収があまり良く無いものを選ぶと、通気性が悪いので脇の湿度が上がり、腋臭(ワキガ)の臭いを発生させる雑菌を増殖させます。

まずは、通気性の良いインナーやシャツの素材を選ぶことが大切です。脇汗を早く蒸発させ腋臭(ワキガ)を発生させません。

菌を増殖を防ぐには、汗を素早く蒸発させることが何より大切なのです。反対にインナーやシャツに汗が蓄積してしまうと臭いが酷くなるので、腋臭(ワキガ)体質の方にとっては悪い面があります。

そこで大切なのが腋臭(ワキガ)体質の方向けインナー選びの方です。吸水性、吸湿性、透湿性、肌触りなどを意識してなるべく汗を早く蒸発させ、汗がシミになりにくくするのが、臭いを防ぐには重要です。

また肌触りが良いことや着やすいことも脇汗を増やさないことには大切です。

吸水性に優れたインナーやシャツは適度に吸収して、残った汗を蒸発しやくします。脇汗が多い人にとっては、吸収性があることはとても重要です。

汗が皮膚に残らないと菌の増殖を防ぐことができます。インナーやシャツで汗が吸収しきれない場合は、汗脇パットなども活用できます。

それから吸湿性や透湿性がよいインナーやシャツを選ぶことも重要です。吸湿性がある衣類は、脇の湿度を下げ、湿気を外部に放出しやすくします。

そのため、脇の下の湿気が高くなるのを防ぎ、菌を増殖しにくくします。吸湿性や透湿性がある衣類は、脇のムレを防ぐことができます。

三つ目は肌触りのよいインナーやシャツを選ぶことも大切です。腋臭(ワキガ)体質でも肌触りは意外と見落としているのではないでしょうか。

実は肌触りも大切なことなのです。肌触りが悪く、摩擦やザラザラ感がある衣類は、それだけ脇に刺激を与え、汗腺にダメージを与えます。

すると汗腺が刺激に反応して、汗を発生させやすくなります。外部からの刺激は、脇毛を増やすこともあります。

脇毛が増えるとそれだけ脇の湿度が上がり、菌が増殖を招くので、結果的に脇汗を増やし、臭いを助長することになります。

このようにいくつかの衣類選びのポイントがありました。できるだけ脇汗や臭いに良い効果がある衣類を選ぶようにしましょう。

脇汗・汗ジミが気になる女性に人気のインナー・シャツ

最近では、各メーカーから脇汗を目立たないように工夫された商品などが販売されています。脇汗の汗ジミが目立ちにくい、脇汗に良い素材のインナーやシャツなどがあります。

詳しくは、以前ご紹介しました脇汗・汗ジミに良い衣類の記事をご参照下さい。

参考:脇汗が目立たない服ってあるの !?脇の汗染み対策方法を今すぐ読む

脇汗・ワキガ臭が気になる場合は正しいケアを始めましょう

美香先生(こちら)

脇汗や腋臭(ワキガ)対策には衣類選びはとても大切なことです。同時に制汗、殺菌効果を高めるにはデオドラントクリームを活用することも良い方法です。

衣類を変えるだけでは、強力な腋臭(ワキガ)を元から抑えることは困難です。最近では脇汗を抑え、腋臭(ワキガ)を発生させにくくするデオドラント商品が販売されています。

気になる方は合わせてデオドラント商品の活用をお勧めします。