中高年の女性にとって更年期障害は避けては通れない道。
程度の差こそあれ、ほとんどの方は40代から50代で更年期障害の症状を経験します。

更年期障害の症状の一つに、多汗やホットフラッシュがあります。

顏や体に異常な量の汗をかく症状で、特に上半身や脇の汗の量が増えます。
そのため脇汗やその臭いに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、更年期障害によって増える脇汗やその臭いの原因や対策法についてお話します。

更年期障害で脇汗が増える理由とは?

更年期障害は、50歳前後の閉経の時期を迎える時期に症状が現れます。
加齢に伴い卵巣機能が低下して卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが減少するので、さまざまな症状が引き起こされます。

女性ホルモンの減少は、体温・心拍数・発汗量・血流量などをコントロールしている自律神経に影響を及ぼします。
また精神面では、憂うつ・不安・ストレスにも関係する大脳辺縁系にも影響があります。

体への症状としても、動悸・息切れ・めまい・頭痛・倦怠感など多くの不調があらわれます。

このように更年期障害は、発汗量をコントロールする自律神経が乱れることにより異様な量の汗が出るホットフラッシュや多汗症を招きます。

更年期障害になると、突然わけもなく汗が噴き出してきたり、寝汗でぐっしょりになるなど、外部の温度や活動(運動)にかかわらず汗をかくことが特徴。

わけもなく多量の汗が出るので、これが緊張や不安の原因となり、さらに症状を悪化させることもあります。
これは精神性発汗の一つです。

更年期障害による多汗は、上半身や脇の下に特に汗が増えます。
上半身は心臓に近く汗腺が多いので、脇、顏、背中などに汗をかきやすくなります。

なかでも脇は臭いの汗腺であるアポクリン汗腺の多い場所なので、汗の量が増えるだけではなく汗の臭いも発生してしまいます。

更年期の汗が臭い理由とは?

更年期を迎えると、多くの方は汗をかきにくい生活を送っています。
基礎代謝が落ちると新陳代謝が低下します。
そして日ごろの活動量も減少するので、普段からあまり汗をかくことが少なくなります。

そのため、汗をかきにくい体質になることが多いのです。
そうすると使わなくなった汗腺は休止状態に入ります。

つまり汗腺の不活発で、汗が体内に溜まりやすい体質になっていきます。
良い汗がかけない状態に陥るわけです。

そのような時に、ホルモンの影響で急に活動し始めたこれまで休止状態だった汗腺はうまく働くことができません。

本来、体に必要な塩分まで汗と一緒に出してしまい、それが濃度の高い汗となります。
アンモニアや体内の老廃物もたくさん含んだ汗となり、これが臭いの原因となってしまいます。

脇の下は湿度が高いので、雑菌も増殖しやすく一層汗の臭いを悪化させてしまうのです。

更年期障害の脇汗対策

更年期障害の多汗を抑えるには次の3つのポイントがあります。

ホルモンバランスを整える

一つ目は、ホルモンバランスを整えること。

これによいのが、女性ホルモンを補う働きがあると言われるイソフラボンです。
イソフラボンは、女性ホルモンを促進する働きがあり、更年期障害の方がホルモンバランスを整えるのに良いとされています。

特に大豆食品に含まれていて、納豆、豆腐、豆乳などで摂ることができます。
それ以外にもサプリメントなどで補うことも可能です。

このような年代の女性にはオススメの栄養素の一つです。
イソフラボンでホルモンバランスを整えることは、更年期障害の症状を緩和し、その症状の一つである多汗にも良いとされています。
積極的にイソフラボンを摂取すると良いでしょう。

適度な運動

二つ目は、適度な運動です。

先ほどお話しましたように新陳代謝の低下や活動量の減少が、汗腺の働きを衰えさせて、うまく汗をかくことができなくなります。

そのため普段から汗腺が活発に働くように、良い汗をたくさんかく体作りが大切です。
毎日軽い運動を続けることで、汗をかく習慣を作りましょう。

とくに更年期障害に方に有効な運動は、ウォーキングやヨガなどです。
有酸素運動を20分程度続けると脂肪燃焼が始まり良い汗をたくさんかくようになります。

普段から汗をたくさんかく習慣を作れば汗腺も活発になり、全身から均等に汗をかけるようになります。
脇だけ、顔だけに汗をかくことがなくなり、急激に汗が噴き出ることもなくなります。

制汗剤の活用

上記2つの対策と一緒に利用したいのが、制汗剤の活用です。

制汗剤はドラッグストアでたくさん販売されていますが、更年期による多汗の場合、満足できる効果を得られないことが多いです。
しっかりと汗を抑えるには、海外メーカーの『デトランスα』がおすすめ。

デトランスαは、医療先進国デンマークで開発されたデオドラント剤で、国内製品よりも強力な作用が期待できます。

普段から脇汗を気にしていた私も使っていますが、今では脇汗を気にせずTシャツ1枚で外出できるようになったほど。

更年期による多汗ケアとしてもしっかりと活躍してくれるので、国内製品で満足できなかった場合は、一度試してみてください。

⇒ デトランスαを使った感想はこちら

脇臭クリームの活用

更年期の多汗によって脇汗の臭いが気になっている場合、上記の『デトランスα』と同時に脇臭ケアクリームを使うこともお勧めです。

▼私はデトランスαと脇臭クリーム『デオシーク』を併用中

デトランスαで汗をしっかりと止めたうえで、デオシークで臭いの原因菌をしっかりと殺菌することで、かなり満足できる効果がありました。
とりあえずデトランスαだけを試して、それでも臭いが酷い場合は、デオシークと併用してみると良いです。

⇒ デオシークを使った感想はこちら

更年期障害の脇汗予防法

ホルモンバランスを整えるために大切なのは、生活習慣の見直しです。

規則正しい生活

ホルモンバランスを整えるのに大切なのは規則正し生活です。

睡眠不足は更年期障害の症状を悪化させることにも繋がります。
毎日、良く睡眠をとり、適度な運動をすることが症状を軽減することにも繋がります。

バランスの良い食事

食事習慣も大切です。
先ほどイソフラボンがホルモンバランスに良いとご説明しましたように、イソフラボンをたくさん含んだ食品を摂るように心がけましょう。

そして乱れた食生活やバランスの悪い食事は、更年期障害の症状を悪化させる要因となります。
脂っぽい食事や糖分の多い食事は控え、野菜や果物などビタミンやミネラルなどをたくさん含んだ食品で体調を整えましょう。

バランスの良い食事や更年期障害の予防にも繋がります。

ストレスを溜めない

更年期障害を悪化させないようにストレスをためないことも大切です。
体調や気分がすぐれないからといって、家に引きこもりがちになったり、非活動的にならないようにしましょう。

できるだけ積極的に外に出るようにして、趣味をもつなどストレスをためない生活を心がけましょう。

酷い場合は専門医での治療も検討

もしこのような対策方法で症状が緩和されない場合は、婦人科などへの受診をお勧めします。

婦人科では、ホルモン治療として注射、飲み薬・貼り薬、塗り薬などで女性ホルモンのエストロゲンを補うことができます。

更年期障害による脇汗についてのまとめ

美香先生(こちら)

女性の場合、40代後半から50代ごろにかけて更年期障害になってしまうのはしかたのないことです。

ただ、その時にしっかりと生活習慣の見直しなどのケアを行うことで、汗の対策を行うことも可能となります。

少しでも落ち着かせるために、できることから始めてみることをおすすめします。

また、本文でもお伝えした通り、症状が酷い場合は、無理をせず専門医を受診するようにしましょう。