美香先生(笑顔)

夏場は脇の汗ジミが気になって衣類や下着選びに気を遣っている女性も多いですよね。

今回はこのような脇汗を目立たなくする服や下着についてのお話です。

脇汗が目立たない服ってあるの?衣類の素材を調べてみました


脇汗を目立たなくするには、服選びはとても大切です。衣類によって脇汗を目立たなくしたり、抑えることができます。

これさえ知っていれば汗かきの方でも脇汗が目立たなくなります。衣類選びにはこんなポイントがあります。

脇汗による汗シミを目立たなくする服選び1:服の色

一つ目は、服の色です。汗ジミが目立つ服の色と目立ちにくい服の色があります。最も目立ちにくいのは、黒と白。

黒の服は、汗が染み込んでも光が反射しないので濡れてもあまり見た目が変わりません。

そして白の服は汗で濡れると光がまんべんなく反射するので乾いている部分と区別しづらく、脇汗が目立たなくなります。

反対に汗ジミが最も目立つ色としてはグレーです。グレーの服は濡れると光の反射が大きく変化するので、乾いている部分との差が目立ちやすいです。それ以外にもカーキーや赤、青、緑などの原色系の衣類も脇汗が目立ちやすくなります。

脇汗による汗シミを目立たなくする服選び2:服の素材

二つ目は、素材です。汗ジミが目立ちにくい素材としては、レーヨンやポリエステルなどの化学繊維の素材のものがあります。

これらの素材は、繊維の隙間が広く粗く編まれているので、汗を吸収した後に乾きやすい素材です。

サテンやシルクなどの光沢性がある素材は撥水効果があり汗を吸収しにくく、汗ジミも目立ちにくいです。

反対に汗ジミが目立つ素材としては、綿や麻などです。これらの素材は汗の吸収は良いのですが、水分を溜め込みやすく乾き悪いので汗ジミが目立ちやすくなります。

脇汗による汗シミを目立たなくする服選び3:服の柄

三つ目が服の柄です。特に白黒のボーダー柄は目の錯覚でシミが見えにくくなります。特に白と黒のボーダー柄は汗ジミにはイチオシの柄です。反対に無地のものはシミが目立ちやすくなります。

このように服選び一つで汗ジミを目立たなくすることができるんですよ。脇汗が気になる方は以上の3つのポイントを意識して選んでみましょう。

脇汗が目立たないTシャツを選ぶのもポイント


最近は、脇汗が目立たなくTシャツが販売されるようになりました。

人気商品の無印良品の”汗じみしにくいUVカットTシャツ”があります。汗じみを抑える加工が施してあり、UVカット機能がついています。肌に紫外線が届きにくく、お肌にも優しい素材でてきています。

素材は綿93%、ポリウレタン7%を使用しており、汗じみを抑える加工がしてあるのでこれなら脇汗が気になる方でも安心です。

デザインはボートネック、Uネック、袖の形が短めなカットネックなどがあり、サイズもS~XLまで豊富です。価格は1,500円(税込み)とお手頃価格なのでまとめ買いにもピッタリ。

色も黒、白、ネイビー、グレー、カーキー、パープルもあります。一般的にグレーやカーキーは汗ジミが目立つ色と言われていますが、無印の汗じみしにくいUVカットTシャツなら大丈夫!
参考:無印商品

脇汗が目立たないシャツ

脇汗が目立たないシャツも大切です。シャツは服の下に着ると汗を良くとるので、脇汗が服に移るのを防ぎます。

ベルメソンのサラリストがあります。ベルメゾンのサラリストは、フレンチ袖、キャミソール、フレンチ袖スリップタイプがあるオシャレなシャツです。素材は、ハイマルチポリエステルなので汗を目立たなくする素材でできています。

耐久性、撥水性にも優れ、消臭効果がありキシリトール加工されています。すっきりと涼感を感じます。これなら脇汗はもちろん腋臭(ワキガ)が気になる方でも安心です。
参考:ベルメゾン

脇汗が目立たないインナー

インナーは直接肌に触れるので一番汗の吸収には大切です。下着類でも脇汗対策が可能です。

ビューティゲートのワキサラクールパーフェクトは、ワキの汗ジミ対策に!極薄汗取りインターです。脇汗をしっかりと吸収し、冷感効果もあるので脇の温度上昇を抑えます。極薄なので装着感が良く、脇の下に違和感を感じません。

特大パットと機能性繊維でワキ汗をしっかりガードして、1日中サラサラ感をキープします。パットの吸水面は2層になっていて、ベルオアシスを挟み込まれているので、汗を多量にかいても完全吸収します。

特大パッドは手のひらサイズで脇をしっかりと包み込み、脇汗の横漏れもありません。伸縮性も抜群で動いてもよれず、体にしっかりとフィットしてずれることもありません。超薄型なのに密着感がよく汗がこもることもありません。
参考:Bearutygate

脇汗を止めるためには「制汗」成分を配合した商品を使おう


このような服や下着と同時に使いたいのが制汗対策商品です。出てしまった汗を吸い取り、蒸発させるのは衣類や下着で十分ですが、しかし汗を抑えるには制汗剤を使うのが効果的です。

制汗剤の良いところは、ワキの下に塗るタイプやボディスプレータイプ、シートタイプ、スプレータイプ、クリームタイプ、スティックタイプ、ロールタイプなど種類が豊富なことです。

なかでも脇汗対策の衣類と組み合わせるなら、スプレータイプやクリームタイプ、スティックタイプが効果的です。

塗るだけ、スプレーするだけの手軽さが受けています。

特に多汗症、腋臭(ワキガ)がある方にはこの2つの組み合わせでかなり抑えることができます。

菌の発生を防ぐ効果もある薬用の制汗剤もあります。体温を下げ、メンソール配合のクールタイプの制汗剤などであれば、汗そのものを抑えられるので汗の量も少なくなります。

無香料タイプのものもありますので、臭いが混じるのが気になる方も最適です。そして持続時間が長いので、衣類に汗や腋臭がしみつくことも防ぎます。これなら脇汗が気になる方でも、1日快適に過ごせます。

脇汗で服・下着が黄ばんでいる場合は腋臭の恐れもある

脇汗が気になる女性
脇汗だけではなく、脇の黄ばみもTシャツやシャツ、インナーに残る場合、腋臭の恐れがあります。

アポクリン腺から出る汗は腋臭(ワキガ)だけでなく黄ばみの原因となります。

アポクリン腺から出る汗には、たんぱく質、糖質、脂質などの成分が含まれ。これらの成分の中には、黄ばみの原因となる色素成分が豊富に含まれています。これが衣類や下着の黄ばみを発生させます。

腋臭(ワキガ)体質でない方にもアポクリン腺はあるのですが、腋臭(ワキガ)体質の方に比べると少ないので、一般汗が大半です。

そのため脇汗のシミができたとてしも黄ばみではなく、無色のシミか跡が残らないことが多いです。

アポクリン汗腺汗以外にも黄ばみの原因はありますが、もし脇の部分に黄ばみがあれば腋臭(ワキガ)体質を疑ってみたほうがいいでしょう。

腋臭体質かどうかは、自宅で簡単に調べることが可能です。次の記事を参考に、ワキガかどうかチェックしてみましょう。

参考:今すぐできる!ワキガ体質かどうかをチェックする5つのポイント

脇汗が目立ちにくい服まとめ

美香先生(こちら)

このように最近はいくつかの脇汗対策の衣類があり、衣類を変えるだけで十分に対策が可能です。

脇汗の酷さによって他の商品との組み合わせも可能ですのでいろいろ活用してしっかりと脇汗対策をしていきましょう!