美香先生(笑顔)

「ドラッグストアやスーパーでデオドラント用品を買って使ってみたけど、思ったような効果を感じられない…」このようなことで悩んでいませんか!?

最近では、各メーカーさんが様々なデオドラント用品を販売しているため、「どれが良いのかわからない…」と悩んでいる方も少なくありません。

そこで今回は、市販の制汗剤だけでは満足できない理由についてお話します。さらに腋臭(ワキガ)で悩む方の商品の選び方・お勧めの商品をご紹介します。

ワキガ対策に安い制汗剤を使うのはほとんど意味がない!?

腋臭(ワキガ)対策で重要なのが、制汗と殺菌を同時におこなうこと

わきが臭の原因となる汗を抑え(制汗)、菌の繁殖を抑える(殺菌)することで、気になるわきが臭をケアすることができます。

しかし、多くの方が選んでいるドラッグストアなどで簡単に手に入る安価な制汗剤は、それほど効果が期待できないものがほとんどです。

その原因は、効果が弱い成分しか配合されていないためです。市販の腋臭(ワキガ)対策商品には次のような種類があります。

・シートタイプ
湿り気のあるシートに制汗効果のある成分を含ませてお肌に染み込ませるタイプのものです。お肌に付着した雑菌などを拭き取ります。また皮膚の皮脂も拭き取ることができるので、臭いの原因となる成分を除去することができます。

・スプレータイプ
制汗効果のある成分が含まれたスプレーを脇に吹きかけることで、制汗や消臭も可能なタイプです。プッシュ式で手軽にスプレーできるのがメリットで、携帯にも便利です。空気を直接脇に吹きかけるので清涼感があり、気持ちが良いのが良いところです。肌への付着はそれほど多くないので、制汗効果は低いです。また雑菌効果はあまりありません。

・ロールオンタイプ
球状の先のついた形状のボトルを脇に密着させて転がしていくタイプの制汗剤です。制汗効果のある液がロールから出てきます。お肌への密着力が高く、駅が皮膚に付着しやすいので即効性があります。

・スティックタイプ
制汗剤の先に固形の制汗効果がある固形のスティックが付いていて、それを脇に固形タイプの制汗剤です。スティックを直につっていくので、最も成分が肌に付着しやすく肌に広げやすいので脇全体に塗り広げることができます。効果が高いのがよいところです。

・クリームタイプ
制汗成分があるクリームを直接手で塗っていくタイプの制汗剤です。クリームがしっかりとお肌に密着するので、最も効果が高いです。

ドラッグストアで売っている主要な制汗剤の成分とは

このような商品分類のなかで、ドラックストアで販売されているのは、スプレータイプ、ロールオンタイプがメインです。例えば、ドラックストアで人気の制汗剤には次のような有効成分が配合されています。

・エイトフォーパウダースプレー
クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛混合物V、緑茶乾留エキス、β-グリチルレチン酸

・エイトフォー脇汗EXクリームカプセル
クロルヒドロキシアルミニウム、β-グリチルレチン酸

・エージープラスパウダースプレー
イソプロピルメチルフェノール、焼ミョウバン

・エージープラスロールオン

イソプロピルメチルフェノール、焼ミョウバン

・Ban汗ブロックロールオン
クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール

これらの商品の有効成分は、一般的な汗ケアとして使うなら十分ですが、腋臭(ワキガ)が気になる方の場合には、消臭・殺菌・制汗効果は低いです。

一時的に臭いを消臭するなら良いかもしれませんが、腋臭(ワキガ)体質の方がメインで使うには不十分なのです。

そして、腋臭(ワキガ)対策で重要なのは、それぞれの体質に応じた対策商品を使うことです。

例えば、腋臭(ワキガ)体質が無い方で、夏場などに汗臭さを少し感じる程度であれば、汗をかいたあと、軽くタオルなどで拭き、シートタイプの制汗剤で除菌しておく程度で十分です。

シートタイプの制汗剤は、消臭効果もあるので、汗臭さも抑えることができます。このような方は、それほど汗臭さが酷くならないので、除菌、抗菌などをして菌を繁殖させなければ臭いが広がることはありません。

そして腋臭(ワキガ)はないけれど、軽度の汗臭さがある方は、市販スプレータイプかロールオンタイプを使うことが可能です。抗菌成分のあるスプレータイプの制汗剤やアルコール成分が含まれたシートタイプの制汗剤などをダブルで用いて対策することができます。

しかし、腋臭(ワキガ)がある方や、中程度以上の汗臭さがある方は、これらの市販のスプレータイプやロールタイプの制汗剤では不十分です。そのため、しっかりとケアするためには、腋臭(ワキガ)対策専用の商品を活用することがお勧めです。

デオドラントクリームで制汗・殺菌の両方をケアする

わきが臭が気になる場合にまず使っておきたいのが、ワキガ臭ケアのために開発されているデオドラントクリームです。

デオドラントクリームには、制汗作用・殺菌作用のある有効成分が配合されているため、ワキガ臭ケアに十分効果が期待できます。

ドラッグストアなどで販売されている制汗剤などとは違い、作用が強い成分が配合されているため、これだけでニオイがかなり落ち着く方も珍しくはありません。

デオドラントクリームを使って、制汗・殺菌の両方のケアを行うことが第一ステップとしてお勧めです。

より強力な制汗効果を求めるなら「塩化アルミニウム」がお勧め

デオドラントクリームを使っただけでは、イマイチ効果を実感できない…という場合、併用してより強力な制汗作用のある「塩化アルミニウム」を含有する制汗剤を使うことをおすすめします。

塩化アルミニウムは、汗の汗腺の出口に膜を作りそこから汗がでることを抑えて汗をおさえる成分です。また強い殺菌効果もあるので、ダブルで腋臭(ワキガ)対策が可能です。

さらに塩化アルミニウムは、汗の塩分と合成して結晶化することで汗を止める作用もあるといわれています。特に塩化アルミニウムが腋臭(ワキガ)対策に良いと言われるのは、体の他の部位よりも、脇に効果が高いためです。

これまでの商品は、つけている間だけ効果があったのですが、最近の制汗剤は、効果の持続時間がとても長くなり、朝つければ1日中効果が持続します。

そして、継続的に塗り続けることで、汗腺に働きかけて、悪い汗の少ない体質になるとも言われています。そのため、長期的に塗り続けることが体質を改善にもなります。

塩化アルミニウムは、制汗作用がとても強いため、海外ブランドの商品に多く含まれていることが特徴です。

私の場合、脇汗が酷くてTシャツを1枚だけで着ることができなかったのですが、塩化アルミニウムを含有するクリームを使うことで、脇汗による汗染みを気にせずにTシャツを着れるようになったほどです。

かなり作用の強い塩化アルミニウムですが、副作用として「痒み」があります。

特に脇の場合、部位がデリケートなので塩化アルミニウムに反応して、腋が痒くなってしまうことは珍しくありません。

そのため、塩化アルミニウムを含有する制汗剤を使う場合、まずは腕などで試して副作用などが出ないか確かめてから使うようにしましょう。

では具体的に、私も愛用している塩化アルミニウムを含有するお勧めの制汗剤についてご紹介します。

ワキガ対策に使っておきたい塩化アルミニウム配合の「デトランスα」

腋臭(ワキガ)で悩む方に特にお勧めの商品が、有効成分塩化アルミニウムが高濃度で配合されているデトランスαです。

デトランスαは、腋臭(ワキガ)の原因となるアポクリン汗腺はもちろん、腋臭(ワキガ)の臭いを拡散させる一般汗が出るエクリン汗腺にも有効です。

2つの汗腺の出口をしっかりと塞いで、汗が出るのを徹底的に抑えます。そのため、腋臭(ワキガ)の元となるアポクリン汗腺の汗も、それを広げるエクリン汗腺の汗も、どちらも少なくなるのがデトランスαの魅力です。

デトランスαなら、腋臭(ワキガ)の臭いも汗臭さもどちらも抑えることができます。そして、臭いだけではありません。汗の量が少なくなるので、汗ジミが気になる方の対策にも良い商品です。

多汗症で衣類に汗が染みるのが気になっていた方にとっても、とても有難い商品ですよね。

デオドラントクリームだけではケアできない…という場合は、デトランスαと合わせて使うことをおすすめします!

ワキガ対策に取り組むなら成分を吟味して制汗と殺菌商品を選びましょう

今回お伝えしてきた通り、ワキガ臭が気になる場合、ドラッグストアやスーパーで売っている制汗剤だけでは、納得できる効果を得ることは難しいです。

安い商品には、それほど強い作用のある成分が含まれていないんですね…。

そのため、ワキガケアのために開発されているデオドラントクリームを使って、制汗・殺菌を両方行うことがお勧めです。

このサイトでは、私が実際にデオドラントクリームを使って商品を比較しているので、「どのデオドラントクリームを選べばよいのかわからない…」という場合は、参考にしてみてくださいね。

また、デオドラントクリームだけでは満足できない場合、より強力な制汗作用のある「デトランスα」を併用することをおすすめします。

私自身、大学生くらいから夏になると脇汗が酷くてTシャツ1枚で外出することが出来ませんでした。

それが、数年前にデトランスαの存在を知ってからは、夏でも汗染みを気にせずに外出できるようになったほどです。

デオドラントクリームだけでは納得できない場合、より強力な制汗作用のあるデトランスαを夜寝る前に使い、デオドラントクリームを朝・夜の2回使うことで、本格的なケアを行うことが可能です。

わきが臭をケアするためには、制汗と殺菌を行うことが必要不可欠なので、是非取り組んでみてください。