美香先生(笑顔)

脇汗を気にする方の中には、できるだけ汗の量が減るようにと、水分を控える方がいます。

実は、水分の摂取量を抑えてもあまり効果がないのです。それどころか症状を悪化させたり、体に悪影響を及ぼしかねない危険な行為です。

今回は、汗対策のために水分を控えることの意味とその影響、そして水分補給の大切さについてお話します。

水分を控えても体温調整のために必ず汗は出る


汗が気になる方が汗の量を減らすために水分を減らしても意味がないと言われるのは、汗の量が摂取した水分の量とは直接関係ないからです。

汗の量は、体温を下げる必要性によって決定するのであって、水分をたくさん摂るかどうかはあまり関係しません。

そのため、水分を取らなくても体温を下げる必要があれば必ず汗をかくし、たくさん水分を摂っても体温を下げる必要がなければ、尿として排出されるので、汗の量が増えることはありません。

そして水分を極端に減らすことは、健康面への悪影響や最悪は命の危険を伴うこともあります。最も代表的なのは、脱水症です。

夏場に汗が増えるのが嫌だからといって、水分を摂らないことは、脱水症状や熱中症のリスクを高めます。

さらに汗の濃度が上がると血液の濃度が濃くなり体臭にも繋がります。多量に汗をかいて、水を飲まずに長い間いると、血液の濃度が濃くなり危険な状態となるので、失った水分を早く補給することが大切です。

夏場には、運動や活動していなくても自然に汗が出てくるので、普段から積極的に水分を補給するのが大切です。汗かきのかたこを、積極的な水分補給が必要だと言えます。

水分摂取を控えると便秘気味になって体臭が強くなる

水分を抑えることは、脱水症状だけなく便秘の原因ともなります。便秘状態が続くとインドール、スカトール、アンモニアなどのニオイ物質を体内に蓄積しやすくします。

そして排出されないまま老廃物となり体内に溜まると、汗の老廃物となり排出されます。

本来なら、細菌がたんぱく質を分解して臭いの物質を体外へ排出するのですが、老廃物が溜まると体外へ排出されないままどんどん蓄積されていきます。その結果、臭いの原因となる物質は汗や呼吸で排出されることとなります。
 
特にダイエットをしている人は、水は大量に飲むことは排便にとても大切です。水分は、人の体の消化吸収、排せつなどの作用には欠かせないものです。

食べ物を摂取して、栄養吸収し、新しい細胞が生まれ、古い細胞が老廃物として排出される、さらに使われなかった栄養分は排泄するという流れの中では水分がとても重要な役割を果たします。

このように体内の新陳代謝が繰り返されますが、極端に水分の量が減ると、新陳代謝が滞り、消化吸収を妨げ、ターンオーバーを乱し、老廃物を体に溜め込むなどに繋がります。

水分不足で便秘になり体臭が酷くなるのはそのためです。

新陳代謝は、古いものが新しいものへ入れ替わることをさしますが、健康や美容では体の細胞が新しい細胞へスムーズに入れ替わるようになると、新陳代謝が高まりたくさんのエネルギーが必要になります。

そして体温調節のための汗をたくさんかくので、水分補給が必要なのはそのためです。

腋臭(ワキガ)の人にとっては、汗をかくことは温度調節とともに、肌を弱酸性に保つという面もあります。肌を弱酸性に保つことは、雑菌の繁殖を防ぎ、悪臭を抑えることに効果があります。

体温調節以外に、腋臭(ワキガ)対策にも汗をかくことは良い面があります。しかし腋臭(ワキガ)の発症には水分の量は直接関係ないとされています。

それは腋臭(ワキガ)の原因となるアポクリン汗腺は、体温の上昇や運動によって発生するものではないからです。水分をたくさん摂り体温調節の汗が出ても、それは腋臭(ワキガ)の汗とは限りません。

腋臭(ワキガ)の汗であるアポクリン汗腺の汗は、腋臭(ワキガ)体質特有のもだからです。水分の量に影響を受けることはありません。

運動や暑い時にでる汗は、体温調整の汗でエクリン汗腺からの汗です。一方で、アポクリン汗腺の汗は腋臭(ワキガ)体質の方が、例えば精神的な要因、ストレスや不安などを強く感じた時などに発汗しやすくなります。

水分を控えることで、血液の濃度が濃くなると、粘りのある臭いのある汗をかきます。この汗には老廃物がたくさん含まれていて、腋臭(ワキガ)の原因となります。

腋臭(ワキガ)が気になる方は、むしろ水分をとることが血液の濃度を薄くすることができるので、腋臭(ワキガ)には良い面があるとも言えます。

このように脇汗対策をしたいなら、たくさん水分を摂るほうが良い効果があるでしょう。温度が高い夏場やスポーツをする時などは、特にたくさん汗をかくので、失われた水分を補うことが大切です。

そこで水分を補給するには次のようなことが重要です。

水分を補給するために重要なポイント

一つ目は、水分の摂取は糖分の高いジュースなどを飲まないということです。

糖分の多いジュースは、水分といっても血糖値を上げて疲労感の元になります。水分の種類はミネラルウォーターなどが効果的です。

二つ目は量です。いくら水分補給が必要だからと言って、一度に多量に摂りすぎるのは厳禁です。一度に大量の水分を摂ると、胃液が薄まって食欲が低下したり、消化にも悪い面があります。

一回に飲む量は、コップ1杯程度が適量です。スポーツをしている時はナトリウムも一緒に摂ることが大切です。スポーツドリンクや塩分入りのミネラルウォーターがお勧めです。

三つ目は、頻繁に水分を摂ることです。例えば朝にも水を摂ることが大切です。寝ている時間は多量の汗をかくので、特に水分補給が必要です。朝、急いでいるからといって水分補給をせずに出かけるのは大変危険です。

また夜寝る前の水分補給も血液中の濃度を薄めるのに有効です。

そして仕事や勉強中でもこまめな水分補給が必要です。オフィスワークの方は空調などで水分をたくさん奪われますし、外回りの方はエネルギーの消耗も激しく、水分補給は必須です。そして入浴後はもちろん一番大切な水分補給の必要な時です。

四つ目はそして、水分の温度です。水分の温度は冷えすぎていないのが良いです。冷たすぎる水分は胃の働きを低下させ、下痢などを起こすこともあります。

特に夏場は胃腸が弱っているので、冷えすぎた水分は控えましょう。またアルコールも利尿作用があるので水分補給には適していません。

脇汗が酷い場合は制汗剤を使って正しいケアをはじめましょう

美香先生(こちら)

今回お伝えした通り、汗の対策には正しい水分補給が大切です。

合わせて行いたい腋汗対策として、デオドラント商品の使用です。汗をかく前にデオドラントクリームなどで汗の臭いに対策することができます。

脇汗をしっかり抑えて、腋臭(ワキガ)に繋がるのを防ぐには、パラフェノールスルホン酸亜鉛、エンカアルミニウムなどが入った制汗剤が有効です。

汗の程度によって、汗が軽度の方はパラフェノールスルホン酸亜鉛、汗が多めの方は塩化アルミニウムを高濃度で配合した商品がお勧めです。

今回ご紹介しました水分補給の注意点を参考に、ますは水分補給を正しく行いましょう。

そして汗のかき過ぎを防止するには制汗剤などのデオドラント商品を積極的に活用して、しっかり汗対策をしていきましょう。