美香先生(笑顔)

腋臭(ワキガ)に深刻に悩んでいる人であれば、ボトックス注射や手術を最初に思い浮かべるかもしれません。

しかし、実は手術以外にも、ワキガケア方法はたくさんあります。

今回は、それぞれの腋臭(ワキガ)の程度に応じた対策方法についてご紹介していきます。

腋臭(腋臭)軽度・中程度なら正しい方法でケアすれば落ち着くことも


腋臭(ワキガ)の程度が軽度から中程度なら、手術以外にもたくさん対策方法があります。

手術を検討する前にまずは自分でできる腋臭(ワキガ)対策で大切なのは「制汗」と「殺菌」を行って様子を見てみることをお勧めします。

腋臭(ワキガ)対策に必要なこと1:制汗する方法とは

腋臭(ワキガ)の原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗によるもの。そのため、アポクリン汗腺からの汗を抑えることが、ワキガ臭を抑えるためには必要不可欠。

しかし、何もしないで勝手にアポクリン汗腺からの汗が落ち着くわけではありません。

そこで必要になってくるのが、制汗剤・デオドラントクリームなどを使った「制汗」。つまり、汗を抑えるということです。

腋臭(ワキガ)対策に必要なこと2:殺菌する方法とは

腋臭(ワキガ)のもう一つの原因は、皮脂に含まれる雑菌です。アポクリン汗腺から分泌される成分が、皮脂に含まれた細菌に分解される時に悪臭のもととなる成分を発生させます。

そのため、皮膚の菌を殺菌して、雑菌の増殖を抑えるのがワキガ臭ケアには欠かせないのです。

このように「制汗」や「殺菌」をするためにオススメなのが、抑制効果や殺菌効果があるデオドランド商品です。

市販されているデオドラント商品で腋臭(ワキガ)ケアできない理由

注意を促している女性
ワキガ臭で悩む多くの女性は、ドラッグストアなどで市販されている安価なデオドラント商品を活用されているかと思います。

「エイトフォー」、「AG+」などのテレビCMでも有名な商品なら一度は使用されたことがあるのではないでしょうか。

これらの商品を試された方は、全身の消臭にはとても効果的な商品ですが、腋臭(ワキガ)に悩む方にとっては、効果をそれほど感じない、効果が持続しないと感じる方がほとんどだと思います。

もちろん私も、初めはこういった安価な商品でケアしていたのですが、なかなか満足できることはありませんでした…。

それには次のような理由があります。

ドラッグストアで販売されているデオドラント商品はワキガケア商品ではない!

デオドランド商品は腋臭(ワキガ)専用の対策商品ではありません。つまりデオドランド商品は全身の広い部位に使えるので、消臭や殺菌効果はそれほど強くないんですね。

これらの成分は肌に悪影響がないように規定されているので、成分の分量は少なめに配合されています。そのため、殺菌力、制汗力は限定的で、腋臭(ワキガ)に悩む方にとってはやや物足りない印象です。

デオドラント商品を間違った使い方をしていては効果を感じられない

デオドラント商品を使うなら、汚れや汗が無い状態で使ってこそ効果が発揮されます。そのため、脇汗をかいてしまった上から使っても、あまり効果がありません。

お出かけ前に使用すれば効果は数時間継続しますが、汗や汚れがすでに付いた脇の下に使ってもあまり効果がありません。

そして一般的に市販のデオドランド商品は、抗菌効果はありますが殺菌効果は期待できません。そのため汗を同じように、すでに繁殖してしまった菌を抑える効果がありません。

このようにデオドランド商品は、お出かけ前に、汗も菌もない状態でのみ効果がある商品と言えます。

また、つけムラができやすいのも問題点です。市販されているデオドラント商品は、どうしてもつけムラが出来がちになります。

肌全体につけることが難しく、汗や菌は脇の周りの部分に広がります。肌表面に軽くつけても脇全体の制汗や雑菌することは難しいです。

このように、手軽に手に入るデオドラント商品は、ニオイがそこまで気にならない一般の人にはちょうど良いですが、ワキガ臭が気になる場合は、もっと効果の強いものを選ぶことが大切です。

ワキガ臭のケアをするためには、有効成分を配合したデオドラント(ワキガケア)クリームと制汗剤を併用して、殺菌と制汗を同時作用させることがお勧めです。

手術をしないで腋臭(ワキガ)対策するなら腋臭(デオドラント)クリームと制汗剤の併用がお勧め

腋臭(ワキガ)クリームの特徴は、殺菌効果がとても高いことです。弱点としては、デオドラント商品と同じようにパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されているので、やや抑制効果が弱いこと。

これをカバーするのが制汗剤です。

特に塩化アルミニウムが含まれた制汗剤が有効です。殺菌作用のあるイソプロピルエチルフェノールが含まれた腋臭(ワキガ)クリームと、制汗効果のある塩化アルミニウムが含まれた制汗剤を併用すれば、ダブルの効果で腋臭(ワキガ)に対策できます。

敏感肌の女性はまずは腋臭(デオドラント)クリームだけの使用がお勧め

腋臭(ワキガ)クリームの特徴は、持続時間が長いことです。朝つければ1日効果が持続します。そして殺菌効果が特に高いので、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

クリームタイプならお肌に直接塗ることができるのでパウダーやスプレータイプのように塗りムラができにくく、脇全体に効果が浸透します。

肌の弱い方や敏感肌の方でも使える肌に優しい成分が配合されていますので、どのような肌タイプの方にも適しています。

清涼感やつけた時のひんやり感もないので、1年中使用することができます。保湿効果もあるので秋冬のお肌が乾燥しやすい時期にも最適です。

制汗剤を併用する場合、制汗剤に含まれる塩化アルミニウムは、まれに痒みや赤み、かぶれなどの原因となることがあります。

お肌の弱い方はまずは肌に優しい腋臭(ワキガ)クリームからスタートしてみましょう。その後、腋臭(ワキガ)の程度によって制汗剤を組み合わせていきましょう。

腋臭(ワキガ)対策を腋臭クリーム・制汗剤で行う場合は継続して使用する必要がある

腋臭(ワキガ)クリーム・制汗剤での腋臭(ワキガ)対策は、一般的にはその日1日効果が続くものです。もちろん使用している間は効果が継続しますが、使用をやめればまたもとの状態に戻ってしまいます。

そのため、腋臭(ワキガ)クリームと制汗剤による腋臭(ワキガ)対策は、継続することが大切。

腋臭(ワキガ)体質は、生まれつきのアポクリン汗腺の数によって決定するものなので、これが根本的に治るといことはありません。

しかし、腋臭(ワキガ)クリームと制汗剤を継続的に使用することによって、徐々に汗の発汗が少ない、菌が増殖しにくい体質に近づきます。特に軽度から中程度の方であれば、十分改善できます。

そして腋臭(ワキガ)クリームは、市販のデオドランド商品よりもやや価格が高いことありますが、多くの商品は全額返金保証制度などがあります。

万が一お肌に合わなければ使い始めた後でも返品することができますので、特に初めて使用される方やお肌の弱い方は返金保証付きの商品を選びましょう。

手術をしないで腋臭(ワキガ)対策する方法まとめ

美香先生(こちら)

今回お伝えした通り、腋臭(ワキガ)対策法の手術以外の方法の一例として、腋臭(ワキガ)クリームと制汗剤による併用方法をご紹介しました。

特に軽度から中程度の腋臭(ワキガ)の方は、腋臭(ワキガ)クリームと制汗剤を組み合わせることで、腋臭(ワキガ)体質改善することが十分可能です。

このサイトでは、実際にワキガ対策クリームを私自身が自腹購入してその使用感などをレビューしているので、「どのワキガケアクリームが良いのかわからない…」という場合は是非、参考にしてみてくださいね。