美香先生(笑顔)

「たばこを吸っていると体臭が酷くなるよ!」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

タバコには体臭を高める要因がいくつかあるため、喫煙していると体臭が酷くなってしまうことは珍しくありません。

では、腋臭(ワキガ)はどうでしょうか?

今回は、タバコと腋臭(ワキガ)の関係についてお話したいと思います。

たばこ(喫煙)が原因でワキガが発症することはありません


“タバコは腋臭(ワキガ)の原因になるのか?”この質問に対する答えとしては、“No”です。

タバコそのものが、腋臭(ワキガ)の原因になることはありません。これまでお話しましたように、腋臭(ワキガ)の直接の原因は、生まれつきのアポクリン汗腺の数です。

腋臭(ワキガ)の臭いの元は、このアポクリン汗腺からの汗です。そして、この汗はアポクリン汗腺が発達した腋臭(ワキガ)体質特有のものです。

つまり、生まれつき腋臭(ワキガ)体質かどうかは決まっているので、腋臭(ワキガ)体質でない方がいくらタバコを吸ったからといって腋臭(ワキガ)を発症することはありません。

たばこ(喫煙)で汗がかきやすくなると脇汗の臭い(体臭)が気になることはある

しかし、ここで注意しておきたいのは、タバコをいくら吸っても腋臭(ワキガ)が酷くなったり、脇の汗が臭うようになったりすることは絶対ないのかということです。実は、これもまたそうではないのです。

その理由は、タバコに含まれるニコチンにあります。ニコチンには視床下部を刺激する作用があります。

視床下部には体温調整の働きがあり、視床下部が活発になると体温が上昇し発汗が高まります。

そのため、この発汗作用でエクリン汗腺から分泌される汗が増えるのです。このように、タバコには汗を増やす働きがあるということになります。先ほどタバコで腋臭(ワキガ)が酷くならないとは限らないと言ったのはそのためです。

エクリン汗腺の汗は、アポクリン汗腺の汗を拡散させる働きがあるので、腋臭(ワキガ)体質の人が腋臭(ワキガ)の汗をかいて、タバコにより汗が増えたことで、アポクリン汗腺の汗をどんどん広がることになります。

もし腋臭(ワキガ)体質でなかったとしても、汗が増えると、皮膚の雑菌の増殖が進み汗臭い臭いを生み出すことにもなります。

このように、タバコが腋臭(ワキガ)の原因になることはないのは真実ですが、決して無関係ではなく、やはり悪い面があると言えます。タバコは、腋臭(ワキガ)を酷くする要因や汗臭さを作る要因になりえるのです。

そのため冒頭でお話した、タバコを吸う人が体臭がキツイと感じた経験は、そのような理由からだと考えられます。タバコのヤニ臭さとニコチンなどで増えた汗が混じって、タバコを吸う方から特有の臭いが発生します。

自分がワキガなのか体臭が臭いだけなのかを判断する方法

腋臭(ワキガ)体質でない場合、いくらタバコを吸っていても突然腋臭が発症することはあり得ません。

そのため、まずはご自身が腋臭(ワキガ)体質かどうかをチェックしておきましょう。これまでご紹介しましたチェック項目をご参照下さい。

(参照:腋臭(ワキガ)を判断・チェックする5つの方法【脇汗のニオイが気になったら確認してみましょう】

たばこ(喫煙)によって脇の臭いが酷くなったら取り組みたいケア方法

タバコによる脇の臭いが気になり始めたら次のようなケアを始めましょう。

一つ目は、タバコの本数を減らすことです。

みなさんは、何本ぐらい1日にタバコを吸われるでしょうか?

一般的に体臭や脇の臭いは、タバコの本数が基準になると言われています。1日に20本以上吸われるヘビースモーカーの方は、大方、体臭や脇の臭いが感じられます。

そのため、もしヘビースモーカーであれば、まずはタバコの本数を減らすことをお勧めします。

もう一つのタバコの働きは、ビタミンCやビタミンEを破壊することです。ビタミンCやビタミンEといえば、体臭の元となる過酸化脂肪酸を抑制する働きが期待されています。

つまり、体臭を抑えるための過酸化脂肪酸をキャンセルしてしまうのがタバコなのです。このように、まずはタバコの本数を減らすことが大切です。またタバコを吸う方は、ビタミンCやビタミンEを補うことも忘れずに行いましょう。

二つ目は、禁煙外来などを利用して思い切って禁煙するのも一つの方法です。特に、腋臭(ワキガ)体質の方は、タバコの臭いと腋臭(ワキガ)の臭いが感じると、大変キツイ臭いがします。

実際にこのタイプの方は、特に腋臭(ワキガ)が酷いと感じられるので、周りの方にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

そのため、できれば禁煙して少しでも腋臭(ワキガ)とタバコの臭いの双方を断つ努力をしましょう。

もちろん、禁煙外来だけには限りませんので、意志が強い方は、外部の力に頼らずに自力で禁煙を達成しましょう。腋臭(ワキガ)体質の方にとっては、特に深刻な問題なので、禁煙外来で薬などを処方してもらうことも可能です。

三つ目は、臭いケアです。タバコと腋臭(ワキガ)の臭いケアでまず行っておきたいのが衣類についた臭いを除去することです。

普段着ている衣類に、両方の臭いがこびりついていることがあります。洗濯しても落ちにくいので、消臭・抗菌効果の強い洗浄剤を利用しましょう。

その場合、効果の高い漂白剤がお勧めです。漂白剤には、汚れた服を白くする効果はもちろん、殺菌や除菌効果もあります。特に液体酸素系漂白剤なら酷いタバコの臭いや脇汗の臭いでもしっかりと洗い落とすことができます。

酵素漂白剤は、殺菌効果もあるので、腋臭(ワキガ)体質の方の衣類についた雑菌もしっかりと洗い取ってくれます。

お湯でつけ置きすれば、タバコや汗の臭いもしっかりと取れるでしょう。汗腋臭(ワキガ)体質で汗ジミが気になる方は、スプレータイプのものありますので、そちらもご利用ください。洗濯時に簡単にセスキ炭酸ソーダ入をスプレーするだけで、汗ジミ対策が可能です。

四つ目は、タバコ対策と同時に汗の臭いにもしっかりと対策していくことです。汗の臭いに対策するためには、制汗剤やデオドランド商品を活用するのがお勧めです。

タバコを吸われる方にとっては、汗はさらに腋臭(ワキガ)や体臭を酷くするものです。そのため、脇汗にもしっかりと対策しておきたいですね。その場合、制汗効果の高い塩化アルミニウム入りの制汗剤が活用できます。

合わせて、タバコで汗が増えて脇の下が不衛生にならないように、デオドランドクリームで雑菌して清潔に保ちましょう。

タバコと腋臭の関係まとめ

美香先生(こちら)

今回お伝えした通り、たくさんタバコを吸ったからと言って、突然腋臭体質になることはありません。

しかし、喫煙によるニコチンなどの影響で、汗の量が増えることにより、脇汗の臭いや体臭が酷くなることは考えられます。

「最近、脇の臭い・体臭が気になるようになってきた」と思い当たる場合、まずは喫煙本数を減らすなどの工夫をしてみることをおすすめします。

何もしないまま臭いが突然亡くなることは考えにくいので、できることから少しずつでもケアを始めることをおすすめします。

このサイトでは、私が実際に使ったデオドラントクリームなども紹介しているので参考にしてみてくださいね。