美香先生(笑顔)

腋臭(ワキガ)に悩む方にとって、衣類に染み込んだ臭いが取れないというのは大きな悩みの種です。

腋臭(ワキガ)対策はきちんとしているはずなのに、なんとなく腋臭(ワキガ)の臭いが体からとれないという方の原因は、もしかすると衣類に染み込んだ腋臭(ワキガ)の臭いのせいかもしれません。

腋臭(ワキガ)対策は積極的にしているのだけど、意外と忘れがちなのがお洗濯物や衣類への対策です。

そこで今回は、腋臭(ワキガ)の臭いが衣類に染み込み取れなくなる理由や、その対策法についてお話します。

腋臭の臭いが服からとれない原因とは


腋臭(ワキガ)対策は、自分自身の体だけではなく、衣類やお洗濯物の対策が同じぐらい重要です。いくら体への対策を行っても、衣類に腋臭(ワキガ)の臭いが染み込んでいたのでもともこもありません。

せっかく体臭のしにくい体質になっても、腋臭(ワキガ)の染み込んだ衣類を着れば、また腋臭(ワキガ)の臭いがしてきます。

腋臭(ワキガ)が衣類に染み込んでしまうのは、脇の下のアポクリン汗腺から出た汗が衣類の繊維の隙間から内部に浸透し、衣類に雑菌が増殖するためです。

そして、このような状態で長時間放置すると、腋臭(ワキガ)の臭いはますます悪化します。やがて繊維の奥深くまで浸透し、洗濯しても取れきれなくなってしまいます。そして洗濯などに関しては、次のような理由が関係しています。

腋臭の臭いが服からとれない原因:洗浄力の弱い洗剤を使っている

一つ目は、洗浄力の弱い洗剤と使っていることです。

自宅で洗濯をする場合、どのような洗剤を使っているでしょうか?通常の洗剤では、強固に染み込んだ腋臭(ワキガ)の成分は落としきれない恐れがあります。

腋臭の臭いが服からとれない原因:ドライクリーニングを利用している

二つ目は、ドライクリーニングを利用するためです。

ドライクリーニングは、型崩れせず、油汚れには強い方法なのですが、汗の汚れには効果が弱いです。ドライクリーニングは、口紅などの化粧品や、オイル系の汚れ取るには有効なのですが、汗の汚れや臭い、食べ物の汚れを落とすのには適していません。

そのため、腋臭(ワキガ)の臭いも単にドライクリーニングに出すだけでは十分に落としきれないことがありあます。

腋臭の臭いを服からとる方法


腋臭(ワキガ)の汚れは洗濯できちんと落としておかないと、残った汚れが衣類の雑菌と合成して臭いが発生します。

腋臭(ワキガ)の臭いをとるためには、衣類の殺菌や消臭効果を高めることが重要です。洗濯やドライクリーニングについては、次のような方法で脇が(ワキガ)の臭いを取ることができます。

漂白剤やスプレーを使う

普通の家庭用洗剤の洗浄力が弱いので、漂白剤を使うのがお勧めです。

漂白剤には、汚れた服を白くする効果はもちろん、殺菌や除菌効果が高いです。特に液体酸素系漂白剤なら、自宅で簡単に利用することができます。

通常の衣類は、粉末酸素系漂白剤が良いですが、ドライマーク表示のある衣類は、中性洗剤と液体酸素系漂白剤でも洗濯できます。特に酵素漂白剤は、殺菌効果が高いので腋臭(ワキガ)対策には最適です。

洗濯の方法は、40℃くらいのお湯で行うのが効果が高く、1時間程度つけ置き洗いをして、その後通常通りに洗濯をするだけです。

軽度の腋臭(ワキガ)であれば、セスキ炭酸ソーダを利用することができます。脇汗が染み込んだ部分に、セスキ炭酸ソーダをスプレーして、5分間程度放置してそのまま洗濯します。そして洗浄は10分程度、すすぎも軽く1回程度で十分です。

重曹を使う

重曹を使った洗濯も腋臭(ワキガ)対策にはおすすめです。特に黄ばみ対策に良いと言われているので、頑固な汗ジミも一緒に落としてくれます。

重曹での腋臭(ワキガ)の洗濯方法は、重曹を入れた水に一晩つけ置き洗いをして、その後は通常の洗濯をするだけで、汗の臭いや汚れが落ちやすくなります。酵素系漂白洗剤と合わせて使用するとさらに効果が高まります。

腋臭(ワキガ)用のドライクリーニング

ドライクリーニングを利用する場合は、一般的なドライクリーニングは汗の汚れや臭いを落としきれないので、汗抜きのサービスを使うことができます。

汗抜きサービスは2種類あり、水洗いタイプの汗抜きサービスは、ウエットクリーニングと呼ばれ、型崩れはしやすいですが、腋臭(ワキガ)の臭いをしっかりと落としてくれます。型崩れしても良いという衣類であれば、是非こちらがお勧めです。

しかしもしどうしても型崩れを防ぎたいなら、水洗い抜きのドライクリーニングもあります。型崩れしにくいですが、腋臭(ワキガ)の落ちという点では、やや効果は低いです。

ワキガ臭を服に着けない方法:制汗剤を使用する

洗濯やドライクリーニングで腋臭(ワキガ)対策をすると同時に、自身への腋臭(ワキガ)対策も同時に行いましょう。

一つ目は、制汗剤の使用です。制汗剤は、汗が出にくくなるので、腋臭(ワキガ)の元となる汗を押させることができます。特に塩化アルミニウムが含まれた制汗剤が有効です。

ワキガ臭を服に着けない方法:デオドラントクリームを使用する

もう一つは、デオドランドクリームの使用です。

殺菌作用のあるイソプロピルエチルフェノールが含まれた腋臭(ワキガ)クリームなら、肌の雑菌をしっかりと殺菌して、腋臭(ワキガ)の臭いの元となる物質を発生させません。

そして、デオドラントクリームは持続時間が長いので、朝塗れば1日中効果が持続します。制汗効果のある塩化アルミニウムが含まれた制汗剤と併用すれば、ダブルの効果で腋臭(ワキガ)をしっかりと抑えることができます

ワキガ臭を服に着けない方法:汗をかいたらすぐにふき取る

もう一つ大切なのが、脇汗をすぐに拭き取ることです。

腋臭(ワキガ)は、アポクリン汗腺の成分と雑菌の繁殖で発生するで、腋臭(ワキガ)の元となる汗が菌と合成する前に拭き取ってしまうことは何よりも重要です。

臭いの成分の発生を未然に防ぎ、脇汗対策商品を使う場合でも、汗をしっかり拭き取ってから使うと効果が高まります。汗ふきシートや汗ふきパットなどを活用して、なるべく早めに汗をふきとりましょう。

ワキガ臭を服に着けない方法:脇汗パッドをする

衣類に脇汗がつかないようにするには、脇汗パットも活用することができます。

脇汗パッドは、衣類に汗が付着するのを防ぐことができますが、脇へのフィット感が高く湿度が上がったり、臭いがこもることがあります。

そして脇汗パットをつけたことにより、脇汗を増えたり、腋臭(ワキガ)が酷くなることもあるので注意が必要です。

腋汗の黄ばみを同時に洗い落とす方法

衣類の脇汗対策としては、脇汗(ワキガ)とともに、脇汗の黄ばみを落とすことも重要です。これまで本サイトでもいくつかご紹介しましたので、ご参考になさってください。

参考:シャツの脇部分の黄ばみ(黄染)について

腋臭の臭いが服について取れない場合の対処方法まとめ

美香先生(こちら)

いかがでしたでしょうか。

このように腋臭(ワキガ)の臭いが染み込んだ衣類から臭いをとるには、いくつかの方法がありました。

そして同時に、制汗、殺菌を意識して体への腋臭(ワキガ)対策もしっかりと行っていきましょう。