美香先生(笑顔)

腋臭(ワキガ)が気になる女性の多くが、同時頭皮の臭いを気にされています。頭皮から分泌される汗や皮脂は、蓄積されると頭皮の臭いの原因となってしまいます。

腋臭(ワキガ)体質の方は、「もしかして腋臭(ワキガ)体質なことと頭皮の臭いが関係しているかもしれない…」と心配されているかもしれません。

今回は、腋臭(ワキガ)と頭皮の臭いの関係についてお話します。

頭皮の臭いケアについてもご紹介していますのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

腋臭体質と頭皮の臭いは関係ありません


腋臭(ワキガ)体質であることと、頭皮の臭いは、直接的な関係はありません。

腋臭(ワキガ)体質であっても、頭皮の臭いがするとは限らないのです。

そもそも腋臭体質であるかどうかは、生まれつきのアポクリン汗腺の数によって決定します。

アポクリン汗腺は、腋臭(ワキガ)の原因となる汗を発生させる汗腺で、一般汗が出るエクリン汗腺に対して、腋臭(ワキガ)体質のかたのみに発達しています。

つまり、活発なアポクリン汗腺が生まれつき多い方は、腋臭(ワキガ)体質になります。詳細は以前にご紹介した腋臭(ワキガ)体質チェック項目をご参照下さい。

(参照:腋臭(ワキガ)を判断・チェックする5つの方法【脇汗のニオイが気になったら確認してみましょう】

一方で、頭皮のニオイの原因は、皮脂の過剰分泌です。さまざまな原因で頭皮から過剰に分泌された皮脂は、頭皮に付着して雑菌と合成すると皮脂の臭いを発生させます。

そのため、わきが体質と頭皮のニオイの2つは直接的には関係ないのです

汗をかきやすい人は脇の臭いも頭皮の臭いも気になることがある

しかし、直接的には関係ないとはいうものの、実は全く関係がないかというというわけではありません。

頭皮のニオイの原因は、過剰に分泌された皮脂であることはお話した通りですが、皮脂が過剰に分泌され、頭皮の臭いを発生さえるには次のような理由があります。

一つ目は、間違ったヘアケアやシャンプーを行っているため。1日に2回以上の頻繁すぎるシャンプーや、強くゴシゴシ洗うこと、冷水・熱湯でシャンプーすることは、頭皮を刺激して皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

また洗浄力の強いシャンプーや化学薬品、添加物入りのシャンプーも頭皮や髪に刺激を与え皮脂の分泌を促してしまうのです。

二つ目は、食生活の影響。脂っぽい食事や甘い食べ物は頭皮の皮脂を分泌させます。体内で分解しきれなった成分が皮脂に混じって分泌され、頭皮からも臭いを発生させる原因となってしまうのです。

三つ目は、ストレスです。ストレスが多い状態では、副交感神経が優位になり頭皮に汗をかいたり、皮脂が分泌されやすくなります。 

このような原因で過剰に分泌された頭皮の皮脂は、皮膚の雑菌と合成して悪臭の元となります。

しかし、腋臭(ワキガ)と頭皮の臭いが全く無関係ではないのは、このような原因が汗を増やす原因でもあるからです。食生活の乱れやストレスが多いことは、脇汗をかきやすくなることにも繋がります。

そしてこのような状況下での汗は、悪い汗と呼ばれるニオイの原因になるものです。乱れた食生活やストレスの多い生活を送っている方は、頭皮の臭いだけではなく、悪い汗、すなわち臭いのする汗をかいやすくなります。

そしてもう一つの頭皮の臭いの原因として、ノネナールと言われる体臭成分があります。ノネナールは、加齢臭の元となる体臭成分で、体だけなく頭皮からも発生します。

毛穴の奥の皮脂腺から分泌されたノネナールは、酸化してパルミトオレイン酸(脂肪酸)となり、皮脂表面のバクテリアと合成して頭皮の臭いを発生させてしまうのです。

腋臭体質で頭皮の臭いが気になる人のケア方法

腋臭(ワキガ)体質の方は、まずは頭皮の臭いを断ち切りたいものです。腋臭(ワキガ)体質は生まれつきのものですが、頭皮の皮脂分泌は簡単なケアで対処できます。

頭皮の臭いケア方法1:シャンプーを見直す


頭皮の臭いケアとしてまず初めに取り組みたいのが、シャンプーの見直しです。頭皮の臭いをケアするためには、皮脂を適切にコントロールすることが必要不可欠

そのためには、頭皮の皮脂の過剰分泌を起こさないようにすることが重要なので、次のようなシャンプーを選ぶようにしましょう。

一つは、アミノ酸系のシャンプーを選ぶこと。

アミノ酸系のシャンプーは、泡立ちがマイルドで洗浄力が優しいのが特徴です。髪をゴシゴシ洗わなくてもすぐに泡切れして、頭皮への刺激は最小限に抑えることができます。

アミノ酸系シャンプーは、優しくしっかりと洗うことができるので、皮脂のバランスを最適にキープしてくれます。

つまり、頭皮から皮脂が過剰分泌されることもなくなり、洗い上がりはしっとりと保湿効果もあるんですよ。髪の栄養を逃がさず、美しい髪を保つことにも効果的です。

もう一つは、無添加・無香料・ノンアルコールなど、髪に刺激が少ないものを選ぶこと。さらに天然植物由来で髪に良い成分を含んだシャンプーを選ぶことも大切です。

このようなシャンプーを活用すれば、頭皮の皮脂を抑えることができ、頭皮の臭いの対策にも繋がります。

このようなアミノ酸系のシャンプーは香りも強すぎず、無香料や香りの控えめなものが多くなっています。ハーブや自然の香りのものもあるので、臭いがきつすぎるシャンプーで腋臭(ワキガ)の臭いと混じって体臭を悪化させることもありません。

頭皮の臭いをケアする方法2:食事を見直す


シャンプーの見直しと同時に取り組みたいのが、食生活の見直し。頭皮の皮脂を過剰に分泌させるのは、脂っぽい食事や甘いものの摂り過ぎがありました。

これは腋臭(ワキガ)の理由にもなるので、食生活を見直すことは、頭皮の皮脂の分泌を抑えるとともに、腋臭(ワキガ)対策にもなります。

腋臭(ワキガ)対策として、控えたい食品としては、次のようなものがありました。

一つ目は、赤み肉などの脂肪とタンパク質の多い食品です。脂肪を多く含んだ赤み肉は、汗腺を活発化して汗を増やします。タンパク質は、体温が上げて汗をかきやすくする働きがあります。

二つ目は香辛料やスパイスです。香辛料やスパイスは、発汗を促すだけでなく、体臭をきつくします。ネギやニンニクなど香りの強い食品も体臭の原因となります。

三つ目は乳製品です。乳製品はタンパク質と脂肪、両方が多いので、胃や腸での消化、吸収に時間がかかるので体臭の原因となります。詳細は以前にご紹介しました記事をご参照ください。

(参照:腋臭(ワキガ)対策に良い食べ物・臭いの原因になる食べ物まとめ

腋臭体質と頭皮の臭いの関係についてまとめ

美香先生(こちら)

今回見てきた通り、腋臭(ワキガ)体質と頭皮の臭いは直接的な関係はありません。

しかし、その原因は両者共通しているので、食生活やストレスに気をつけることは、双方に良い面があります。脇の臭いと頭皮の臭い双方に良い生活を送りましょう。

また頭皮の臭いの原因はとなる皮脂の過剰分泌やノネナールを防ぐように、シャンプーを見直して、頭皮の臭いのケアもしっかりと行いましょう。

腋臭(ワキガ)体質は、これまで何度かご紹介しましたように生まれつき決まったものですので体質を変えることはできません。

しかし、頭皮ケアは十分に対策で抑えることができるものです。そのため、まずは日常生活でできる頭皮の臭いケアを実践し、頭皮の臭いに対策していくことは、脇の臭いの対策にもなっていきます。