美香先生(笑顔)

運動不足になってしまうと、少し汗をかいただけでも汗臭くなりやすくなることをご存知ですか!?

一見、運動する習慣がないと、そもそも汗をかかないので衛生的だと考えている方も多いですが、実は大きな間違いないのです…。

今回は、運動不足と汗臭さの関係つについて詳しくお伝えしていきます。

「最近、運動不足気味で…」と心当たりがある場合は、チェックしてみてくださいね。


                          

運動不足になると汗が臭くなる原因とは

汗には、サラサラした良い汗と、ベトベトした悪い汗の2種類があります。

良い汗は、体の温度が上昇したときに温度調節のために出る汗で、サラサラとした感触でほとんどの成分が水でできています。

そのため蒸発が早く、体に残留することはありません。汗をかいた直後から蒸発して、それほど気にしなくてもすぐに乾いてしまいます。そして、臭いもないので汗臭くなることもありません。

良い汗は、体全身から放出され、細かい粒の結晶のような汗です。運動や外部の気温で体温が上がったことによって出る汗です。

一方で、悪い汗は体や血液に溜まった老廃物や分解しきれなかった不要物、疲労物質などが汗に混じって排出される汗です。この汗に混合した成分が臭いの元となります。

悪い汗は、ベタベタと粘着性があり、蒸発しにくいので皮膚に長い間残留します。それが皮膚の雑菌と合成して臭いの原因成分を発生させます。

多くの場合は、温度調節とは関係なく出ることが多く、緊張や不安、ストレスなどの精神性発汗などがその理由です。そしてその原因の一つが運動不足です。

運動不足で出る悪い汗は、体に溜まった老廃物が汗と一緒に一気に放出されます。

良い汗をたくさんかき、汗腺が活発に活動していれば、全身から汗が出ます。しかし、良い汗が少なくなり汗腺が不活発になってしまうと、体の一部に汗をかくようになり、その一部からの汗が多量に出るようになってしまいます。

特に運動不足で増えるのが脇の下の汗です。

運動不足の人はあまり汗をかく習慣がないため、貯まった汗はアルカリ性に偏ってしまいます。アルカリ性の汗は、ニオイの原因となる菌が繁殖しやすいのです。

そして普段運動不足で筋肉に疲労物質が増えると、乳酸が貯まりやすくなります。乳酸はアンモニアと結びつきやすく、これらが汗のなかに放出されると臭いのある悪い汗がどんどん増えてしまうのです…。

汗臭い=腋臭ではない!ワキガ臭が気になったら体質チェックをしましょう

「運動不足気味で、汗臭さが気になるようになってきた」と思っても、必ずしもそれがワキガ臭というわけではありません。

腋臭(ワキガ)の臭いは、脇の下にあるアポクリン汗腺の有無によって決定します。人間は汗腺には、2つの種類の汗腺があります。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。エクリン汗腺はほぼ全身に分布している汗腺です。エクリン腺から出る汗は、成分は酸性で、ほとんどの成分が水でできています。良い汗がこれに当ります。

一方で、アポクリン汗腺の汗は、体の一部にのみ存在しています。アポクリン汗腺の汗が出るのは、脇の下や耳、乳輪や陰部です。アポクリン汗はアルカリ性で、タンパク質、脂質、アンモニアなどが含まれます。これが悪い汗です。

しかし、アポクリン汗腺の数は、生まれつき決まっています。生まれつき腋臭(ワキガ)体質でない人が腋臭(ワキガ)の臭いを発生させることはありません。

一方で、汗腺のうちのもう一つのエクリン汗腺は、誰しもがもつ汗腺です。エクリン汗腺からの汗が皮脂や角質と合成して、汗臭い臭いを発生させます。

つまり、腋臭(ワキガ)体質でない人が腋臭(ワキガ)の臭いを発生させることはありませんが、汗臭さは万人に可能性があることなのです。

運動不足が原因で汗をかいた時に臭うのは、汗臭い臭いです。腋臭(ワキガ)特有の臭いであるのに対して、汗臭さは酸っぱい臭いがします。この2つの臭いは、全く異なるものです。

アポクリン汗腺から出る汗は、腋臭(ワキガ)の原因となる汗です。これが皮膚の雑菌と繁殖して、腋臭(ワキガ)の原因成分を発生させます。

さらにエクリン汗腺の汗がこれを拡散させる働きがあるので、ダブルで腋臭(ワキガ)を助長させることになります。

もし運動不足により汗の臭いを感じる場合は、これまでにご紹介しました腋臭(ワキガ)体質のチェックリストでご自分の腋臭(ワキガ)の有無について確認してみましょう。

(参照:腋臭(ワキガ)を判断・チェックする5つの方法【脇汗のニオイが気になったら確認してみましょう】

運動不足による汗臭さを解消する方法

このような運動不足による汗臭さを解消するには次のような方法があります。

汗臭さを解消する運動方法1:ジョギング


汗臭さを解消する方法としては汗腺を鍛えることが大切です。そのために一番オススメなのがジョギングです。

最近はジョギングブームで、多くの方がランニングで体を鍛えています。ジョギングは体の筋肉を鍛える効果がもあり、汗をたくさんかくにはとても有効な有酸素運動です。

また、外で思いっきり走ることで気分も晴れて日ごろのストレスも解消にもつながります。ジョギングをする場合の注意点としては、あまり長時間継続しないことが大切です。

ジョギングは有酸素運動のなかではカロリー消費も高く、激しい運動量がある運動です。そのため、最初は20分程度で十分で、速度も一定の速度を保ちましょう。

少しゆっくりすぎるスピードでも十分な運動量があります。ジョギングのオススメポイントは、汗をたくさんかけること、屋外でストレス解消ができることです。

汗臭さを解消する運動方法2:スポーツジム

もう一つ、秋冬にお勧めの有酸素運動ができる運動方法としてスポーツジムがあります。

多くの運動は屋外ですることが多いので、秋冬の季節には不向きであることがあります。そして雨が降るとできないこともあり、継続的に行うことが難しいです。そこでお勧めなのが、スポーツジムです。

スポーツジムなら、たくさんの種類の機械を使って、好きな運動を行うことができます。ジョギング、ウォーキング、ロードバイクなどさまざまな機械があるので、飽きずに続けることができますよね。

時間や天気を気にせずにいつでも行えるのでとても便利な方法です。

そしてスポーツジムにはサウナなどもあり、いろいろな方法で発汗を高めることができます。そしてシャワールームなども整っているので、汗臭さを抑えるという点では、後衛生面でも良い環境が整っています。

スポーツジムのメリットは、1年中、季節や天気を気にせず通えること、そして自分のペースで通えることです。これなら忙しい方でも好きなタイミングで通うことができますね。

汗臭さを解消する運動方法2:エアロビクス


三つ目が、エアロビクスです。エアエロビクスは大変運動量の多い有酸素運動としても知られています。そのため、ダイエットを目的とした運動としても人気があります。

エアロビクスは音楽に合わせて体を動かすの運動なので、楽しく行うことができるのも人気のポイントです。スポーツジムのブログラムとして行われていたり、エアロビクスの教室などもあります。

通うのが難しい方は、DVDなどを使って行うこともできます。自宅でも簡単に始められる方法なのも良いところです。エアロビクスのメリットは、ほどよい運動量でたくさん汗がかけること、そして自宅でも行える方法であるということです。

運動不足と汗臭さの関係まとめ

美香先生(こちら)

運動不足による汗臭さを解消するためには、まずは運動不足そのものを解消することが一番の近道です。

運動を習慣的に行っていれば、全身の汗腺の活動が活発化し、良い汗(臭いのしないサラサラした汗)を分泌しやすくなりますよ。

「最近、運動不足気味で汗臭い…」と思うようになっているのであれば、毎日少しずつでも運動を取り入れることをおすすめします!